コラム

「派閥愛」を語りたがる岸田首相にビジョンはあるか

2022年02月15日(火)18時00分

HISAKO KAWASAKIーNEWSWEEK JAPAN

<支持率(だけ)は好調な岸田内閣。当初の「隠れ安倍政権」という批判は的外れで、むしろ派閥の力学を熟知したしたたかさが目に付くが、トップとして語るべきビジョンは見えてこない>

今回のダメ本

ishido-webAMAZON220215.jpg『岸田ビジョン
分断から協調へ

岸田文雄[著]
講談社+α新書
(2021年10月15日)

岸田文雄内閣が誕生した時、政治に詳しいとされている著名人たちは、「隠れ安倍政権」だとか「『聞く力』は安倍、麻生の言うことを聞く力」などと語っていた。結果は見てのとおりで、激しい口調には何の根拠もないことが明らかになってしまった。それも当然だと思う。少なくとも本書を読めば、派閥力学に気を配るしたたかな政治家像が見えてくる。

この本の中で多用される言葉は自身の派閥「宏池会」。本書の後半は自民党論ではなく、宏池会論だ。今や懐かしい2000年に森内閣打倒を掲げ加藤紘一が仕掛けた「加藤の乱」の回顧、民主党政権誕生の逆風でも負けないための選挙論......で、彼は派閥への強い愛情と思いを隠そうとはしない。派閥への強いこだわりは、こんなディテールに表れる。なぜ岸田は選挙に強いのか、と聞かれた時のエピソードだ。

《あるとき、議員会館の私の部屋を訪れた自民党の秋葉賢也衆議院議員に、そう尋ねられたことがありました。秋葉さんは、宏池会ではなく、竹下派の代議士です》

《低姿勢でも高姿勢でもない「正姿勢」という言葉は陽明学者の安岡正篤さんが宏池会創設者の池田勇人元総理に助言したと言われ、我が宏池会に引き継がれています》

丁寧に議員の派閥まで書き込み、派閥の前に「我が」と付ける。岸田は一度はその存在を否定されながら、自民党の権力闘争の原点として生き続ける派閥の力学に鋭敏な政治家と言える。

現在の政治状況を見ても、派閥に影響を与える閣僚人事、党要職の人事はしたたかにこなしているが、派閥闘争が絡まない政策についてはどうだろうか。新型コロナ、それもオミクロン株対策を見ても社会の不安に寄り添うことには熱心だが、肝心のビジョンと論理は欠いている。

《「最悪の想定」をすることから、コロナ対策の全体像を明示し、国民おひとりおひとりが、いま感染状況はどの地点にあって、どれくらい頑張れば出口に届くのか、イメージできるようにすることが非常に大切だと思っています》

岸田はそう主張しているが、いま彼のメッセージで出口をイメージできる国民はどのくらいいるだろうか。現実に目立った政策といえば、流行の最初期に強化したはいいが、時間の経過とともに意味をなさなくなった水際対策を続けたことや、効果を見極めずに社会に制限を課した「まん延防止等重点措置」しかない。

プロフィール

石戸 諭

(いしど・さとる)
記者/ノンフィクションライター。1984年生まれ、東京都出身。立命館大学卒業後、毎日新聞などを経て2018 年に独立。本誌の特集「百田尚樹現象」で2020年の「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞」を、月刊文藝春秋掲載の「『自粛警察』の正体──小市民が弾圧者に変わるとき」で2021年のPEPジャーナリズム大賞受賞。著書に『リスクと生きる、死者と生きる』(亜紀書房)、『ルポ 百田尚樹現象――愛国ポピュリズムの現在地』(小学館)、『ニュースの未来』 (光文社新書)など

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

クレディ・スイス損失、年30億ドルに膨らむ可能性=

ワールド

徴兵逃れのロシア人2人が米で難民申請、ボートでアラ

ビジネス

英財務相、住宅ローン借り手支援問題で金融界代表と会

ビジネス

対マスク氏訴訟を停止、28日までのツイッター買収資

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 4

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 5

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 10

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中