コラム

『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレディの複雑さ

2019年03月25日(月)16時00分
『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレディの複雑さ

フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレック自身、マイノリティーであり、自分のアイデンティティに悩んだ時期があったという(ロンドンで行われた『ボヘミアン・ラプソディ』ワールドプレミアにて) Eddie Keogh-REUTERS

<フレディ・マーキュリーはインド生まれの両親のもと、アフリカのザンジバルで生まれた。両親はインドに住むゾロアスター教徒「パールシー」だった。映画にはフレディの父が信仰を引き、息子をたしなめる場面がある>

遅ればせながら、日本でも大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観た。といっても、出張の飛行機のなかで観たので、おそらく航空会社(しかも中東系)用に大幅に編集されたものである。したがって、作中の刺激的な要素はかなりカットされていた可能性が高いので、作品としての評価は避けておこう。

さはさりながら、クイーンのファンでも、フレディ・マーキュリーのファンでもないわりには、それなりに楽しめたので、きっといい映画なのだろう。実際、本作はゴールデングローブ賞でドラマ作品賞、主演男優賞を獲得、米国アカデミー賞でも主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞の4部門を受賞している。

主演男優賞をとったラミ・マレックは、だいぶまえにこのコラムでも取り上げたことがある(「白くない」エミー賞に、アラブの春を思い起こす)が、エジプトからの移民の子で、名前はアラビア語ではラーミー・マーレク、あるいはラーミー・マレクと表記される。フレディと同様、移民の子であり、なおかつ宗教的なマイノリティーであることは、役作りに何らかの影響を与えたであろう。

事実、受賞スピーチでマレックは、みずからの出自に言及し、子ども時代に自分のアイデンティティに悩み、自分が何ものなのかと模索していたと告白している。

エジプト系米国人は2017年の米統計局の調査では約26万人、移民のなかではそれほど大きいわけではない(ただし、米国在住エジプト人を含めると、実際にははるかに多いともいわれている)。エジプトはもちろんムスリムが圧倒的多数を占める国であるが、実は米国に移住したエジプト人のなかでムスリムは少数派で、多数派はマレクと同じ、キリスト教の一派であるコプト教徒なのである。

もちろん、エジプト国内ではコプト教徒は少数派で、全人口の約1割を占めるにすぎない。だが、ブトルス・ブトルス・ガーリー元国連事務総長(元エジプト外相)を筆頭に人口の割にコプト教徒の存在感は大きい。

とはいえ、テロ組織「イスラーム国(IS)」の標的になるなど、昔からエジプトでは差別・迫害・攻撃の対象にもなっており、だからこそ、移民として国外に逃れる人も少なくなかったということだろう。マレクと同じ米国移民という意味では、トランプ政権で大統領補佐官をつとめたディナ・パウウェルもコプト教徒の移民である。

【参考記事】映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!