コラム

「白くない」エミー賞に、アラブの春を思い起こす

2016年09月26日(月)16時18分
「白くない」エミー賞に、アラブの春を思い起こす

Mario Anzuoni-REUTERS

<米国でヒット中のテレビドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』のラミ・マレックが、エミー賞主演男優賞を受賞した。マレックはエジプト系米国人。さらには同番組のプロデューサー、サム・エスマイルもエジプト系米国人だ。今年はじめには「白すぎる」オスカーが議論になったが、本作には2011年のエジプトでの革命が投影されている>

 先日、米国の優れたテレビ番組やその出演者・制作者を表彰する、テレビ界のアカデミー賞といわれるエミー賞の発表があり、その主演男優賞に、米国でヒット中のテクノスリラー『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』の主演、ラミ・マレックが選ばれた。初ノミネートでの受賞という快挙である。

 MR. ROBOTは、日本ではAmazonの動画配信サービス、プライム・ビデオですでに配信されており、また、この文章が公開されるころにはAXNでも放送がはじまっているはずだ。内容はサイバーセキュリティー会社で働くコミュ障の若者が天才的なハッキング技術を買われて、クリスチャン・スレーターが演じるMR. ROBOT率いる謎のハクティビスト集団f-societyに参加、巨大コングロマリットと対決し、すべての借金消去を目指す、というものだ。ゴールデングローブ賞でもテレビドラマ部門賞と助演男優賞を受賞しており、米国での評価は高い。主演のマレックはゴールデングローブ賞でも主演男優賞にノミネートされていたが、こちらは受賞を逃している。

 今年のはじめ、米アカデミー賞の発表が近づくころ、アカデミー賞にノミネートされた俳優が白人ばかりだというのでマイノリティーの監督や俳優たちを中心に「オスカーは白すぎる」との批判が出た。それに対するアンチテーゼということもあろう、エミー賞では多様性が強調され、実際、受賞者は黒人、アジア系、インド系など多岐にわたった。

【参考記事】ハリウッドの人種差別は本当だった

 ラミ・マレックもその枠組みで語ることができる俳優の一人であった。マレックはロサンゼルス生まれだが、実は両親ともエジプト人というエジプト系米国人なのである(彼の名前はアラビア語的に発音すれば、ラーミー・マーレク)。エミー賞はアカデミー賞ほど白くはないが、マレックのドラマ部門の主演男優賞受賞は、マイノリティーの受賞としては18年ぶりだそうだ。実際、彼の受賞スピーチには「典型的な主演男優ではないぼく」とか「われわれはエンターテインメントだけでなく、社会的にも政治的にも進むことができる」というように、自分のマイノリティーとしての出自を強く意識した文言が含まれている(ただし、マレックが演じているのは白人の役)。

 ちなみに、マレックおよびその両親は、エジプト出身ではあるが、ムスリムではなく、エジプトの単性論派キリスト教会の信徒、すなわちコプト教徒である。米国にはニュージャージーやニューヨーク、そしてカリフォルニアを中心にコプト教徒のコミュニティーが存在し、その人口は最大100万人とも見積もられ、その数は近年、さらに増えているといわれている。

 米国で活躍する中東系の俳優は多いが、エジプト系はそれほどでもない。昨年亡くなった名優オマー・シャリフは例外的な存在だが、彼はエジプト生まれのエジプト人で、俳優としてのキャリアもエジプトではじめているので、「エジプト人」であっても「エジプト系」ではない。その意味では、エジプト系2世のマレックの活躍は今後の中東系・アラブ系のエンターテインメント分野への進出で重要な契機となる可能性を秘めている。

【参考記事】アラブ世界のメロドラマ事情

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ワールド

バイデン政権、1.9兆ドルの追加コロナ対策巡り与野

ワールド

安保条約、尖閣に適用を確認 日米防衛相電話会談

ワールド

米加首脳が来月も会談へ、新型コロナ対策などで協力体

ビジネス

寄り付きの日経平均は反発後にマイナス転換、決算前の

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 5

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 6

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 7

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 8

    日本食を芸術へと高める「ワサビ」の里 山と海をつ…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!