コラム

「白くない」エミー賞に、アラブの春を思い起こす

2016年09月26日(月)16時18分
「白くない」エミー賞に、アラブの春を思い起こす

Mario Anzuoni-REUTERS

<米国でヒット中のテレビドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』のラミ・マレックが、エミー賞主演男優賞を受賞した。マレックはエジプト系米国人。さらには同番組のプロデューサー、サム・エスマイルもエジプト系米国人だ。今年はじめには「白すぎる」オスカーが議論になったが、本作には2011年のエジプトでの革命が投影されている>

 先日、米国の優れたテレビ番組やその出演者・制作者を表彰する、テレビ界のアカデミー賞といわれるエミー賞の発表があり、その主演男優賞に、米国でヒット中のテクノスリラー『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』の主演、ラミ・マレックが選ばれた。初ノミネートでの受賞という快挙である。

 MR. ROBOTは、日本ではAmazonの動画配信サービス、プライム・ビデオですでに配信されており、また、この文章が公開されるころにはAXNでも放送がはじまっているはずだ。内容はサイバーセキュリティー会社で働くコミュ障の若者が天才的なハッキング技術を買われて、クリスチャン・スレーターが演じるMR. ROBOT率いる謎のハクティビスト集団f-societyに参加、巨大コングロマリットと対決し、すべての借金消去を目指す、というものだ。ゴールデングローブ賞でもテレビドラマ部門賞と助演男優賞を受賞しており、米国での評価は高い。主演のマレックはゴールデングローブ賞でも主演男優賞にノミネートされていたが、こちらは受賞を逃している。

 今年のはじめ、米アカデミー賞の発表が近づくころ、アカデミー賞にノミネートされた俳優が白人ばかりだというのでマイノリティーの監督や俳優たちを中心に「オスカーは白すぎる」との批判が出た。それに対するアンチテーゼということもあろう、エミー賞では多様性が強調され、実際、受賞者は黒人、アジア系、インド系など多岐にわたった。

【参考記事】ハリウッドの人種差別は本当だった

 ラミ・マレックもその枠組みで語ることができる俳優の一人であった。マレックはロサンゼルス生まれだが、実は両親ともエジプト人というエジプト系米国人なのである(彼の名前はアラビア語的に発音すれば、ラーミー・マーレク)。エミー賞はアカデミー賞ほど白くはないが、マレックのドラマ部門の主演男優賞受賞は、マイノリティーの受賞としては18年ぶりだそうだ。実際、彼の受賞スピーチには「典型的な主演男優ではないぼく」とか「われわれはエンターテインメントだけでなく、社会的にも政治的にも進むことができる」というように、自分のマイノリティーとしての出自を強く意識した文言が含まれている(ただし、マレックが演じているのは白人の役)。

 ちなみに、マレックおよびその両親は、エジプト出身ではあるが、ムスリムではなく、エジプトの単性論派キリスト教会の信徒、すなわちコプト教徒である。米国にはニュージャージーやニューヨーク、そしてカリフォルニアを中心にコプト教徒のコミュニティーが存在し、その人口は最大100万人とも見積もられ、その数は近年、さらに増えているといわれている。

 米国で活躍する中東系の俳優は多いが、エジプト系はそれほどでもない。昨年亡くなった名優オマー・シャリフは例外的な存在だが、彼はエジプト生まれのエジプト人で、俳優としてのキャリアもエジプトではじめているので、「エジプト人」であっても「エジプト系」ではない。その意味では、エジプト系2世のマレックの活躍は今後の中東系・アラブ系のエンターテインメント分野への進出で重要な契機となる可能性を秘めている。

【参考記事】アラブ世界のメロドラマ事情

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 9

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 10

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!