コラム

『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレディの複雑さ

2019年03月25日(月)16時00分

複雑な民族的・宗教的背景をもったまま英国にやってきた

そのマレックが演じたフレディ・マーキュリーが二重三重の意味で、マイノリティーであり、それが彼にまつわる環境や彼のメンタリティーをより複雑にしていたことは、この映画のヒットとともに日本でも注目を集めるようになったので、ご存じのむきも多いだろう。

フレディは1946年、インド生まれの両親のもと「ファローフ・バルサーラー」としてアフリカのザンジバルで生まれた(ただし、彼の一族の本来の母語であるグジャラート語でそう発音するのかどうかは不明)。両親は「パールシー」と呼ばれるインドに住むゾロアスター教徒である。

ゾロアスター教はもちろんイラン生まれの善悪二元論を特徴とする宗教だが、イランがイスラーム化すると、多くのゾロアスター教徒がインドに逃れ、やがて彼らはかの地でパールシーと呼ばれるようになった。パールシーとはペルシア人の意味である。

ヒンドゥー教が多数を占めるインドでは、彼らは少数派であるが、経済的には大きな力を有しており、有名なインドの巨大財閥タタ(ターター)もパールシーだ。また、パールシーは音楽の才にも恵まれているのだろうか、熱烈なイスラエル支持者としても知られる指揮者のズービン・メータもパールシーである。

フレディの生まれたアフリカの島ザンジバルは、現在は対岸のタンザニアの一部だが、19世紀までアラビア半島南部のオマーンの統治下にあり、その後英国が保護下に置いた。こちらもまた複雑な歴史を辿っている。

フレディが生まれたのは、ザンジバルが英国の保護領であった時代である。英国の保護下、ザンジバルには英領インドから多くのインド人が入りこみ、オマーン(アラブ)人、インド人、そしてアフリカ系住民という三層構造ができ、英国人をトップにオマーン人とインド人が上層部を形成し、アフリカ系はその下に位置づけられることとなった。

ちなみに、このザンジバルには19世紀末には日本から多くの娼婦(いわゆる「からゆきさん」)が渡っていったことでも知られている。このあたりは白石顕二の名著『ザンジバルの娘子軍』にくわしいので、関心のあるかたはぜひどうぞ。

フレディはインドで初等・中等教育を受け、その後ザンジバルに戻った。だが、ザンジバルでアフリカ系住民による革命が発生し、アラブ系やアジア系住民が虐殺される事件も起きたため、一家は英国に移住した。父がもともと英国植民省に勤務していたからか、フレディははじめから英国籍をもっていたらしいが、いずれにせよ、複雑な民族的・宗教的背景をもったまま英国にやってきたことはまちがいない。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!