コラム

トルコでは七面鳥(ターキー)を「インド人」と呼ぶ

2016年12月26日(月)13時23分
トルコでは七面鳥(ターキー)を「インド人」と呼ぶ

GMVozd-iStock.

<サンタクロースのモデル、聖ニコラオが活躍したのは小アジアのミュラ(現在のトルコ・アンタルヤ)。赤い服、白いヒゲのイメージが広まったのはコラ・コーラの宣伝から。キリストの誕生日は12月25日とは限らない。そして七面鳥は......>

 この原稿を書いているのは12月後半。世間はクリスマス・モード一色で、あちこちにクリスマス・ツリーやサンタクロースが飾ってある。いつの間に日本はキリスト教の国になったのか、と見紛うばかりだ。実は今、出張でバハレーンにきているのだが、このイスラームの国にあっても、街のあちこちにクリスマスの飾りつけがあり、日本のことだけを嘆いてはいられない。

 その昔、サウジアラビアで面白い経験をした。サウジは厳格なイスラームの国なので、実はクリスマスをお祝いすることが事実上、禁止されている。にもかかわらず、12月になると、あちこちでクリスマス・カードのようなものを売りはじめるのだ。「のような」といったのは、たしかに雪をかぶったクリスマス・ツリーのようなものが絵柄になっているのだが、メリー・クリスマスといった文言も十字架などキリスト教を匂わせるものも一切描かれていない。

【参考記事】「メリークリスマス禁止」をあの男が変える!?

 また、新聞やテレビの人生・法律相談のようなコーナーでも、友人のキリスト教徒からパーティーに誘われたけれど、いっていいでしょうか、といった質問が繰り返し出てくる。だいたい答えは「ダメ」なのだが、これは、イスラーム教徒とだけ仲良くして、異教徒との交流は避けなければいけないという考えかたがサウジアラビアでは建前として根づいているからである(したがって、クリスマスにかぎらず、バレンタインデーなど宗教がらみの日は、基本的にサウジアラビアでは祝うことができない)。

【参考記事】死と隣り合わせの「暴走ドリフト」がサウジで大流行

 さて、クリスマスといえば、サンタである。一般にサンタクロースは、北極とかフィンランドとかノルウェーとか、とにかく北に住んでいるというイメージがある。サンタクロースのモデルになった聖ニコラオ(セント・ニコラス)は紀元3世紀から4世紀のあいだに小アジアのミュラで活躍したキリスト教の聖人だ。聖ニコラオは貧しい人たちに施しをしたことで知られ、子どもの守護聖人にもなっている。ここからサンタが子どもたちにプレゼントをもってくるという話が出てくるのだが、実はミュラは現代の地名でいえば、中東トルコ南西部のアンタルヤに当たる。このあたりは、トルコのリビエラとも呼ばれるぐらい温暖な気候で知られ、北極とは月とスッポン。もちろん、トナカイなどいない。

 サンタクロースが地中海から北極にまで移動する大旅行については、学術的なものも含め、すでにさまざまな研究がある。乱暴に単純化していうと、キリスト教のヨーロッパ伝播に際し、聖人伝説と北欧神話が入り混じり、さらに米国の移民たちの風習とコマーシャリズムが合わさって、今日のクリスマスになったということであろう。赤い服、白いヒゲのサンタクロースのイメージができあがったのは20世紀初頭とされ、これは1930年代から、同じ赤・白をシンボルカラーとするコカ・コーラの宣伝に乗って世界中に拡散していったといわれている。

 異教の国、日本ではクリスマスは12月25日で、これはキリストの誕生日だということになっているが、世界ではそうでない場合もある。たとえば、中東でいうと、アルメニア教会では1月6日、エジプトのコプト教会では1月7日がクリスマスに当たる。まあ、そもそも新約聖書のなかにはキリストがいつ生まれたとか書いていないので、後世、ローマの冬至の祭をキリスト教がキリストの誕生日として取り入れたという説が有力である。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所理事・中東研究センター長。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ビジネス

印ザイダス、コロナ治療薬「レムデシビル」の後発医薬

ワールド

NZ、新型コロナ感染源特定に全力 総選挙控え封じ込

ワールド

台湾、2021年に防衛支出を10.2%拡大へ

ワールド

国連人権高等弁務官、ベラルーシ当局のデモ弾圧を批判

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 5

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!