コラム

CBS記者レイプ報道の歪んだ真実

2011年02月17日(木)18時27分

 ある女性は一緒に飲みに行った職場の先輩にレイプされ、その後2年間もその男と働くことを強いられた。同僚にレイプされた別の女性は、職場内にある教会の牧師に助けを求めると「レイプされたのは神の思し召しに違いない」と言われたという。

 彼女たちが働いていた職場──それは米軍だ。

 上で紹介した話は今週、バージニア州の連邦地裁で、ロバート・ゲーツ米国防長官とドナルド・ラムズフェルド前国防長官を相手取って集団訴訟を起こした人々の体験談だ。女性15人と男性2人で構成する原告団は、米軍内でレイプや性的暴行が増加する状況を国防長官が放置してきたと主張している。

 昨年3月の報告書によると、09年度に米軍内で起きた性犯罪の件数は前年比11%上昇。しかしこの数字は実際の件数の20%程度に過ぎないだろうと、国防総省は認めている。

 軍は特殊な職場環境ではあるが、性犯罪がはびこるのは軍だけではない。ある統計によれば、アメリカ人女性の6人に1人が最低1度はレイプ、あるいはレイプ未遂の被害に遭っているという。職場で起きるレイプや性犯罪は、平均で年間3万6500件に上る。

■「ムスリムの仕業だ」という論調

 残念なことに、今年はこうした被害者の中に米CBSテレビの女性記者ララ・ローガン(39)が含まれることになった。エジプトのデモを取材していたローガンは、2月11日にカイロのタハリール広場で暴徒に取り囲まれ、性的暴行を受け殴打された(すでにアメリカに帰国し、現在入院中だが回復へ向かっているという)。

 ローガンの一件に関して、侮辱的な報道も出始めている。ローガンの外見や性生活、過去の戦場取材の経験などを事細かに報じて、「自業自得」というニュアンスをかもし出しているのだ。

「彼女は殉教者さながらに持ち上げられているが、彼女が戦争を食い物にする仕事をしていることを忘れちゃいけない」と、ニューヨーク大学法科大学院・法と安全保障センターの研究員ニル・ローゼンはツイッターに書き込んだ(その後、猛反発を浴びて16日に辞職した)。

 一方、極右のコメンテーター、デビー・シュラッセルはローガンは「イスラム教がどんなものか知っておくべきだった」と自分のサイトに書いた。

 悲しいことに、「ムスリムの仕業だ」という論調は一部の主流メディアにも見受けられる。ワシントンポスト紙の記者アレクサンドラ・ペトリは、エジプトでは女性が「体を触られたり、野次られたりせずに出歩くことなどできない」と書いた。

■ローガンの事件を特別扱いするな

 エジプト女性の83%、エジプトを訪れる外国人女性の98%が嫌がらせを受けた経験があるという統計もある。これは懸念すべきデータだが、だからといってエジプトだけにレイプや性犯罪が蔓延しているわけではない。

 実際のところ、ローガンの事件は珍しくも何ともない。性犯罪はデモを取材中の魅力的な外国人女性記者だけに起こることでもなければ、「エジプト文化」特有のものでもない。どんな国の女性にも起こり得ることだ。しかしローガンに関する一部の報道は、「ローガンだから」襲われたといわんばかりだ。

 むしろローガンの一件が他のケースと異なるのは、これほど公になった点だろう。国防長官を訴えた集団訴訟でも他の被害者が沈黙を守っていることを考えると、職場での性犯罪を告発する難しさ、告発すれば汚名を着せられかねないという点を考えさせられる。

──スザンヌ・マーケルソン
[米国東部時間2011年02月16日(水)18時05分更新]

Reprinted with permission from FP Passport 17/2/2011.© 2011 by The Washington Post Company.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story