注目のキーワード

犯罪

ニューズウィーク日本版『犯罪』に関する記事一覧

        
誰かが本当の勇敢さを見せるとき
Edge of Europe コリン・ジョイス

誰かが本当の勇敢さを見せるとき

<犯罪の目撃者になって分かった――人は自分が思っているより臆病かもしれないし、他人が考えているより勇...

2020.03.31
極悪ネット性犯罪「n番部屋」は韓国の女性蔑視文化の産物
韓国

極悪ネット性犯罪「n番部屋」は韓国の女性蔑視文化の産物

<未成年者を含む70人以上の女性が被害に遭った違法ポルノ事件。韓国社会が変わらない限り再び起きる可能...

2020.03.30
米、新型コロナウイルスの偽検査や不要な薬剤処方など横行 司法省、取り締まり強化へ
犯罪

米、新型コロナウイルスの偽検査や不要な薬剤処方など横行 司法省、取り締まり強化へ

米政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に乗じた市場操作や価格つり上げなどが急増しているとし、対応に当...

2020.03.25
法廷で裁かれる性犯罪はごくわずか......法治国家とは思えない日本の実態
司法

法廷で裁かれる性犯罪はごくわずか......法治国家とは思えない日本の実態

<警察に被害届を出す被害者の割合自体が極めて少なく、犯人を検挙し、起訴するまでにはさらにハードルが上...

2020.02.26
麻薬シンジケートに魅力の土地──パラグアイ「流血の街」
犯罪

麻薬シンジケートに魅力の土地──パラグアイ「流血の街」

パラグアイの刑務所で服役するルイス・アルベス・ダ・クルス受刑者は騒がしくて目を覚ました。 時刻はま...

2020.02.12
スーパーマーケットに何週間も住んでいた虫のいい泥棒、ついに逮捕
犯罪

スーパーマーケットに何週間も住んでいた虫のいい泥棒、ついに逮捕

<地元警察が何度探しても見つけられなかった男がいったいどこに暮らしていたのかは、模倣を防ぐため秘密の...

2020.02.07
できる子、裕福な子が標的になる、日本のいじめの特異な傾向
日本社会

できる子、裕福な子が標的になる、日本のいじめの特異な傾向

<世界のほとんどの国では富裕層より貧困層の生徒が、成績良好より成績不良の生徒がいじめを受けやすいが、...

2020.01.29
南アフリカで遺体レンタルが流行る理由
死体ビジネス

南アフリカで遺体レンタルが流行る理由

<南アフリカに、遺体をレンタルする犯罪シンジケートがある。これを支えるのは、人々の保険金詐欺ニーズだ...

2020.01.14
ブレグジット詐欺で移民を騙し、荒稼ぎする密航業者たち
イギリス

ブレグジット詐欺で移民を騙し、荒稼ぎする密航業者たち

<イギリスの国境がブレグジット後に閉鎖されることはないのに、高額の密航料を支払う移民や亡命希望者が後...

2020.01.11
ゴーンの切手まであるレバノンからどうやって被告を取り戻す?
レバノン逃亡

ゴーンの切手まであるレバノンからどうやって被告を取り戻す?

<「帰ってきたゴーン」を熱烈に歓迎し、入閣まで取り沙汰されるレバノンはただでは彼を手放さない> イ...

2020.01.09
英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら