コラム

援助機関まで襲うハイチの絶望

2010年10月28日(木)16時15分

 ハイチの都市サンマルクの住民たちは、援助団体「国境なき医師団」によるコレラ診療所の建設に反対して街頭デモを行った。300人ほどの学生を含む群集が、診療所ができれば周辺に感染が広がると抗議し、石を投げた。国連によれば、最近のコレラ流行による死者は280人以上に上っている。

 普通なら、国境なき医師団ぐらい高名な援助団体がやることに間違いはないと思うだろう。まして診療所からコレラ感染を広げるなんてことはありえないと。

 首都ポルトープランスにいるアルジャジーラの特派員は、住民の怒りは主としてコレラに関する公教育の欠如からきているという。だが、他の問題もあると私は思う。ハイチ人が診療所の建設を嫌うのは、その建物自体に対する不信感だけでなく、生活環境のひどさのせいでもあると思う。

 ハイチをマグニチュード7の大地震が襲い、25万人が犠牲になったのは9カ月前。ポルトープランスは瓦礫の山と化し、インフラや経済開発は何年も逆戻りしてしまった。

■国連もNGOも支援者と見えていない

 地震直後には、世界100カ国以上が150億ドルの復興支援を約束した。だがこれまでのところ、ハイチの状態は地震直後から大して変わっていない。家を失い仮設テントで暮らす人は今も130万人に上り、そこでは飢えや強姦、栄養失調が蔓延し、とうとうコレラの巣になってしまった。アメリカも11億5000万ドルの支援を約束したが、実際ハイチに届いたのは3億ドルだけだ。

 10月に入ってハイチ住民は、ポルトープランスにある国連の軍事施設の入り口を封鎖し、「占領者を倒せ」という旗を振った。ミルバレの町では、近郊に展開している国連軍のネパール部隊が川に汚物を捨てている抗議するデモが起こった。

 復興のペースが上がらない限り、ハイチ人は国連軍や国際機関が救援者であり味方だとさえ思わないだろう。支援の遅れに対する怒りのあまり、今後はハイチ人が自らの生死に関わる医療施設まで襲撃する事態にもなりかねない。

──マックス・ストラッサー
[米国東部時間2010年10月27日(火)17時10分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 28/10/2010. © 2010 by The Washington Post Company.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆

ワールド

日米の防空ミサイル増産協力、ボーイングの部品供給が
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story