コラム

フランス外交には女性改革が必要だ

2019年05月23日(木)14時45分

フランス女性には、大使になれば世界中で男女差別をひっくり返すパワーと魅力があるのに(写真の前列、右から3番目はマルレーヌ・シアッパ首相付男女平等・差別対策担当副大臣。男女平等についての会議の後、マクロン夫妻やゲストのエマ・ワトソンらと共に 2019年2月19日)

<フランスは日本よりリベラルで、女性も強いと思ったら大間違い。とくに男性優位で悪名高いのが外務省。教養もユーモアもあるフランス女性がもっとたくさん外交官になれば、世界中で女性の地位を向上させてくれるだろう>

5月16日のこと、フランスの権威ある左派系全国紙『リベラシオン』の一面では、白いハイヒールが目立ちました。この日の特集の写真です。退屈な背広を着た男性陣の真ん中に、白いドレスと白い靴の女性が立っています。フランス政治の光と影、というニュアンスでしょうか。皮肉たっぷりの見出し「『ガラスの天井』省」とは、ある程度出世すると女性は見えない天井にぶつかってそれより上には行けない、という外務省の体質を皮肉った言葉です。例えば、外務省で働くフランス外交の古き良きエリートたちのうち、大使として世界中に派遣された女性はたった3割しかいないのです。

dabbadie190523.jpg

5月16日付けリベラシオン紙の一面 (筆者撮影)

フランスでは19世紀末から女性がエリート学校に通いはじめ、早めに投票権も得たものの、フェミニズム運動が現れたのは1960年代と遅めでした。1970年代になっても、シングル・マザーが社会批判を浴びるなど、まだまだ男性中心のカトリック社会が続いていました。1980年代にフランソワ・ミッテラン大統領は一瞬だけフランス史上初めて女性を首相に指名しましたが、彼女は男性中心の政界で孤立し、辞めてしまいました。終わってみれば、彼女をサポートする組織もなく、先駆者と呼ばれたいミッテランの自己PRに過ぎませんでした。

マクロン夫妻も官僚に負けた

エマニュエル・マクロン大統領とブリジット夫人は仏政界の男尊女卑を改革してくれる人物と期待されましたが、官僚の壁は厚かったようです。マクロンの支持率は、就任当初の60%が今では30%まで落ちてしまいました。原因の一つは、「雄弁だが実行力がない」ことです。

そのマクロン政権の限界を象徴しているのが、他ならぬ外務省です。フランスのモットーである「自由、平等、博愛」はマクロンが現代風に「モビリティ(年齢を問わない社会出世)、パリティ(男女平等)、ダイバーシティ(多民族国家)」と言いたがりますが、どちらにしてもうまく行っていません。女性はガラスの天井にぶつかり、エリート学校では純粋なフランス人以外の学生は今も暗黙の差別を受けています。

プロフィール

フローラン・ダバディ

1974年、パリ生まれ。1998年、映画雑誌『プレミア』の編集者として来日。'99~'02年、サッカー日本代表トゥルシエ監督の通訳兼アシスタントを務める。現在はスポーツキャスターやフランス文化イベントの制作に関わる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

高級ブランドのリシュモン、4─6月売上高が予想下回

ビジネス

日経平均は小幅反発、大幅安の反動で 「トランプ・ト

ビジネス

午後3時のドルは円後半へ反発、押し目買いで 介入警

ビジネス

アングル:エヌビディア株のジレンマ、投資集中でリス
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然大きく揺れる機体を立て直す操縦士の映像が話題
  • 4
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 8
    トランプ氏銃撃事件を受け、ドル上昇・米国債下落...…
  • 9
    検事長の定年延長問題に見る、日本の民主主義が「カ…
  • 10
    これからの蚊対策は「殺さず吸わせず」 痒いところ…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 9
    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story