コラム

オリンピック開催を日本は生かせるか(フランスは生かしています)

2019年03月20日(水)18時22分
オリンピック開催を日本は生かせるか(フランスは生かしています)

東京・晴海埠頭近くで建設中、選手村の巨大ビル群 Issei Kato-REUTERS

<東京五輪の次に五輪を開催するパリではすでに、高速道路がジョギングコースに変わったり、小さな公園の遊具を大人も子供も使えるようアップデートしている。東京の五輪はどんなレガシーを残すのだろうか>

2月いっぱい、私はずっとフランスに帰っていました。平均気温15度の暖かいパリはすでに春のようでした。驚いたのは、夜遅い時間に一生懸命ランニングをするパリ市民の姿です。東京の皇居状態、いやそれ以上かもしれません 。夜中に起き上がるゾンビ族のようでした。大グループで走り、平日にもかかわらず23時頃まで走っているのです。

20年ほど前までは、パリでランニングする人などほとんど見かけたことがありませんでした。治安の問題ではなく、習慣の問題でした。しかしパリのヒダルゴ市長が昨年の10月にセーヌ川沿いの首都高速道路を歩行者天国に変えてから、パリはさながら運動公園のようになりつつあります。FIFAワールドカップで優勝したことや、東京五輪の次の五輪がパリで開催されることもパリジャンたちのモチベ―ションになっているのでしょう。

アメリカ人のようには運動できないフランス人

渋滞が増えるため自動車通勤者は歩行者天国に反対ですが、散歩やランニングを好む人は大喜びです。東京五輪の一つのレガシーは都内の運動人口を増やすことなので、パリ市民がランニングで盛り上がっている光景は参考になりました。東京も思い切ってお台場にスポーツ愛好家のためのハーフ・マラソン・コースを作ったり、週末は完全歩行者天国にしたりする日が来るのでしょうか。五輪開催国にとって五輪は、経済効果云々を語る前に、何よりその国の運動文化を変えるための絶好のチャンスなのです。日本には日本人の国民性や時代のニーズに会った変え方、フランスにはフランス人に合った変え方があります。

フランスはスポーツの強豪国(サッカー、テニス、ラグビー、冬季五輪など)とはいえ、アメリカほど国民は運動に夢中ではありません。アメリカ人は平日でも朝6時からジムに通い、フィットネスは生活の一部なのです。美容のために運動をするフランス女性も近年増えましたが、欧州の女性は男性にナイスボディよりも精神力や知性を求めますから、男性は必ずしも肉体を磨かないのです。

それもあって、フランス人全般にとってスポーツはあくまでも趣味であり生活の一部にはなりません。ジムのチェーン店も東京ほど多くはありません。ランチタイムにジムに通う発想はないのです。一番の問題は時間です。フランス人は日本人ほど働きませんが、平日でも文化を思いっきり楽しむのです(映画、音楽、アート、旅、ワインなど)。スポーツを本格的に採り入れる時間はありません。

プロフィール

フローラン・ダバディ

1974年、パリ生まれ。1998年、映画雑誌『プレミア』の編集者として来日。'99~'02年、サッカー日本代表トゥルシエ監督の通訳兼アシスタントを務める。現在はスポーツキャスターやフランス文化イベントの制作に関わる。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    英国民はそろそろEU離脱が「糞を磨く」のと同じことに気づくべきだ 強硬離脱派の大物閣僚2人辞任

  • 2

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 3

    ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

  • 4

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 5

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 6

    メイの有力後継候補ジョンソンはヤバい?「合意なき…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    増加する日韓のオゾン層破壊物質 中国企業数十社に…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 6

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 10

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!