コラム

オリンピック開催を日本は生かせるか(フランスは生かしています)

2019年03月20日(水)18時22分

私も日本に住んでいるだけに仕事のリズムは結構激しいのです。運動に時間とエネルギーを注ぐ余裕と意味があるのか、いつも良心が咎めるのです。それが約10年前、当時、野茂英雄のフィジカル・コーチを務めていたストロングス代表取締役の大川達也氏に「人間の体は常に運動を必要としている。そのニーズに気づくことが大事。1日に何か一つ、やればいい」と言われ、納得しました。ストレッチ、ウォーキング、腕立て、瞑想......毎日20分だけでも、出来ることはあるはずです 。ガッチリと運動をするときほどの気合いは必要ありません。プチ運動をした後は、仕事の効率も上がります!

しかし場所の問題もありますから、パリでは、中小の公園のスポーツ設備を再び綺麗にしつつあります。子供用の雲梯から、大人用の懸垂バーまで、遊びながら運動ができる台ですね。野外ジムというコンセプトはアフリカや南米では先進国以上に進化しています。東京も、五輪までに街のあらゆる汚い公園を綺麗にし、プチ野外ジムを必ず入れるようにすれば、一つのレガシーを確実に残すことができると思います。

社交しながらの運動が好き

そもそも、社会人の私たちにとって運動の意味とは何でしょうか。2019年1月29日、長友佑都選手の長年のトレーナー 、竹口正範氏は『CUORE ONE』というプライベートジムを開業しました。直前の取材では「自分に合った、自分に必要なものを選択できることかが大切。人は皆それぞれ違う。今後は『何が正しいか』ではなく、自分に合った運動とツールを求める時代だね」と教えてくれました。

パリジャンとパリジェンヌは、自分にあった運動は、社交的な運動と気づいたようです。セーヌ川沿いに現れたパリっ子たちはグループ・ランニングを楽しむ理由は社交的なアクティビティだからです。アメリカ人と決定的な違いはそこにあります。フランス人は一人で追い込みたいのではなく、大勢で楽しく運動したいのです。イヤフォンをして、一人の世界で無になるのではありません。

東京人はいかがでしょうか。好奇心旺盛な日本人の性格を知る私から見て、しばらくはありとあらゆるニュースポーツに挑戦をしそうですね。都内の若者に人気上昇中のボルダリングはその証なのではないでしょうか。日本人は新しいトレンド(知恵)を知り、学ぶことに熱心なのです。

だとすれば、東京五輪とパリ五輪のレガシーは当然異なるはずです。東京は、スポーツを通じて高齢者の運動習慣を高めながら、若い世代の遊び心を刺激したいのですから、とにかくみんなの運動神経に訴える政策が必要なのです。

プロフィール

フローラン・ダバディ

1974年、パリ生まれ。1998年、映画雑誌『プレミア』の編集者として来日。'99~'02年、サッカー日本代表トゥルシエ監督の通訳兼アシスタントを務める。現在はスポーツキャスターやフランス文化イベントの制作に関わる。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!