松丸さとみ

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員として英国・ロンドンで計6年強を過ごす。駐在員時は、在英日本人向けに英国および欧州のビジネスニュースを日本語で配信する日系企業にて編集・執筆などに従事。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に幅広い分野の翻訳・ライティング(ときどき通訳)を行っている。

調査

「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

2018.08.14
育児

北欧式ベビーボックスを英国が導入検討──ただし強い反対意見も

2018.08.09
ビートルズ

ストロベリー・フィールズよ永遠に──あのビートルズ聖地が復活へ

2018.08.07
アルツハイマー

炭酸飲料の取りすぎでアルツハイマーにかかるリスクが3割増

2018.08.06
日本

怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対応で話題に

2018.07.30
ペット

「犬は6分で死ぬ」 猛暑の車内への置き去りはほんの数分も絶対ダメ

2018.07.26
ビジネス

週休3日にしたら幸せになると判明──「労働時間=仕事の成果」ではない

2018.07.23
教育

感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコプター・ペアレントは人のためならず?

2018.07.20
事件

出会い系サイト殺人事件、解決に導いたのは被害者の愛犬コーギー

2018.07.20
救助

タイ洞窟のサッカー少年たち、心身を支える瞑想で耐えた9日間

2018.07.09
調査

最も安全で平和な国でアイスランドが11連覇 一方女性に最も危険な国は?

2018.07.09
動物

「飼い主様を救え!」 必死に心肺蘇生術を施す犬のビデオが話題に

2018.07.02
音声アシスタント

「奇行」つづく、アマゾンの音声アシスタント・アレクサ

2018.06.29
ロシアW杯

W杯で荒れる中国、サッカーギャンブルが社会問題に

2018.06.28
自撮り

キラウエア火山、危なすぎる自撮りが問題に

2018.06.26

磁石でワインの味が大幅改善!? 気になるテイスティングの結果は

2018.06.20
大麻

カナダの娯楽大麻合法化でチョコレート工場が大麻工場に

2018.06.18
健康被害

石けんや歯磨き粉に含まれるトリクロサンの危険性──がん細胞の成長促進も

2018.06.11
脳科学

サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質が増加することが明らかに

2018.06.08

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 4

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 7

    遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方…

  • 10

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 9

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月