コラム

スキャンダルで問い直されるノーベル文学賞の真の価値

2018年05月09日(水)17時00分
スキャンダルで問い直されるノーベル文学賞の真の価値

昨年10月にノーベル文学賞の受賞者を発表したスウェーデン・アカデミーのサラ・ダニウス事務局長(当時) Claudio Bresciani/TT News Agency/REUTERS 

<選考委員の夫のセクハラ・性的暴行スキャンダルで今年は見送りが決まったノーベル文学賞。だがそもそも、それ程の価値がこの賞にあるのか?>

5月4日、スウェーデン・アカデミーが今年のノーベル文学賞受賞者発表を見送ることを発表した。

元々の原因は、昨年から問題になっていたセクシャルハラスメントと性的暴行のスキャンダルだった。だが、告発された加害者はノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーの会員ではない。会員の夫である。

女性18人からセクハラあるいは性的暴行を告発されたのは、アカデミー会員のカタリーナ・フロステンソンの夫、ジャン・クロード・アルノーだ。

フロステンソンとアルノー夫婦は、アカデミーが資金提供している「フォーラム」という権威ある文化クラブを運営していた。セクハラあるいは性的暴行を受けたと訴えた女性たちは、「フォーラム」を通してアルノーと知り合ったのだった。

アカデミーの事務局長だったサラ・ダニウスは、このスキャンダルが明るみに出てすぐにフォーラムとの関係を絶ち、弁護士事務所を雇ってアカデミーとフォーラムとの関係を調査した。そこで浮上してきたのが、アルノーがノーベル文学賞受賞者の名前を漏洩していたという疑惑だった。すると、会員である妻のフロステンソンから情報が出た疑いが強いということになる。

アカデミーの会員の中からフロステンソンの辞任を要求する声があがったが、フロステンソンが拒否したために会員の投票が行われた。その結果、8対6(フロステンソンは投票していない)で辞任要求が否決され、3人が抗議のために辞任した。

続けてスキャンダルを泥沼化させた指導者に責任を求める声が上がり、きっかけになったセクハラ事件には無関係のダニウスも辞任に追い込まれた。ダニウスは、スウェーデン・アカデミーで初めての女性事務局長であり、2015年に就任したばかりだった。ダニウスは、アカデミーの古い体質を改善しようとする急進派だったと言われる。

ダニウスの辞任に対し、「セクハラの問題を起こしたのは男なのに、なぜ女が責任を取らせられるのか?」と憤った女性がアカデミーの本部前に何千人も集まり抗議デモを行った。

スウェーデン・アカデミーの会員は18人で、生存中は辞任できない終身会員である。死亡で欠員ができたら、残りの会員が投票で新しい会員を決めることになっている。

しかし、このスキャンダルの前から2人は名前だけの会員で活動はしておらず、ダニウスに引き続きフロステンソンも辞任し、現在活動できる会員は11人に激減してしまった。多数決で決議するためには最低12人が必要だという規則があるので、この状況では、ノーベル文学賞の受賞者を選ぶのは困難だ。たとえ選んでも後に受賞者の正当性が問題になる可能性がある。そういった状況でのノーベル文学賞受賞者発表の見送りだった。

辞められない終身会員の辞任による会員不足という危機に対し、スウェーデンのカール16世グスタフ国王はアカデミーの終身会員についての規則を変えることを考慮しているという。

また、このスキャンダルをきっかけに、以前から存在した「ノーベル文学賞はそれほどの価値があるものなのか?」という疑問がふたたび浮上している。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

ニュース速報

ビジネス

焦点:英国にようやく自動化の波、ブレグジットで人材

ビジネス

焦点:イタリア債務問題、ユーロ圏に伝播しない理由

ワールド

サウジが不明記者の死亡認める 高官2人解任 米大統

ワールド

焦点:貿易戦争が招いたブラジル農業ブーム、米アイオ

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 6

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 7

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 10

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!