コラム

3密回避? 大丈夫、日本には自動販売機がある!

2020年05月28日(木)16時50分
3密回避? 大丈夫、日本には自動販売機がある!

robbin0919-iStock.

<接触を避けるべきとされる今、日本の誇る「無人機械インフラ」は見直されていい。この国には、天ぷらうどんが買える自販機だってあるのだから>

緊急事態宣言が解除された今、国民が注意深く次の一歩を踏み出そうとしている――都道府県知事たちが見守る中。筆者も同様、どうにかしてこの仙人のような生活を止めたいところだ!

でも日本は、新規感染者数がゼロに近いところまで下がったギリシャやアイスランド、ジャマイカなど(5月27日現在)とちょっと違う現状にあるので、まだ慎重さが欠かせない。

比較的効率よく拡散を抑え込めたドイツだって、学校再開のタイミングで実効再生産数が節目の1をまた上回った。また、お隣の韓国でも、再び感染の急増が生じた。日本も、第二の波について考える前に、第一の波が長引くことをまず心配しなくてはならない。

よく考えたら、日本には巣ごもり自炊生活からのちょうどいい脱出方法がある。その名は、自動販売機。日本は数に関しても、売り上げに関しても、世界一。自動精算機などを入れると400万台以上の自動販売機があり、4兆7000億円以上の売り上げを立てている(2016年、日本自動販売機工業会発表)。

確かに、ここ数年はコンビニとの競合によって販売が圧迫されてきており、今年、外出自粛が広がったことで全体的に需要が落ち込んでいる。

しかし、他人との接触を避けるべきと言われる今、こういった無人機械は大いに注目されるべきだと思う。なんせ飲食店と違って、スタッフいらずの空間なので、「3密回避」とは相性がいい。利用者はほかの客との距離だけに気を付けていればいい。

とはいえ、外食手段として考えると、自動販売機はなかなか孤独だ。だから、ちょっと使い方を考えたい。

まず、一人で買いに行くのではなく、「コロナポッド(corona pod)」を作ってからにしよう。「コロナポッド」とは、いま話題になっている小さな仲間のグループ。「コロナウイルスに感染していない、あるいは感染していてもそれが周りへ伝染らないよう、自分と同じようにこまめに気を付けている」人たちのことだ。

筆者は、いま住んでいる界隈にちょうどそういう信頼できる良い隣人がいるので、その彼らを誘うことにする。

ただ、いくら仲のいい友達とはいえ、ジュース、コーヒー、ビール、水などを売っている、ごく普通な自動販売機まで足を運ぶ企画には頭を縦に振ってくれないだろう。だから、行き先をひと味違う機械にしたほうがいい。

プロフィール

トニー・ラズロ

ベストセラーとなったコミックエッセイ『ダーリンは外国人』(小栗左多里&トニー・ラズロ、メディアファクトリー)の主人公。1960年、米ニュージャージー州生まれ。1985年から日本を拠点にジャーナリスト、講師として活動する。著書に『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し』『英語にあきたら多言語を!――ポリグロットの真実』『手に持って、行こう――ダーリンの手仕事にっぽん』など。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、過去15年間のうち10年で所得税支払わ

ワールド

習主席、中国共産党による新疆統治の妥当性と住民教化

ワールド

英、北部とロンドンでのロックダウンを検討=タイムズ

ビジネス

日産、中国市場に今後5年で新型車継続投入へ=内田社

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 7

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!