コラム

黒川さん、賭け「麻将」はよくないよ! 中国人の私が麻雀よりもおすすめするのは......

2020年06月18日(木)18時00分
周 来友(しゅう・らいゆう)
黒川さん、賭け「麻将」はよくないよ! 中国人の私が麻雀よりもおすすめするのは......

中国人には麻雀好きが多く、やるのは大抵(違法な)掛け麻雀だ BEE32/ISTOCK

<麻雀は中国語で「麻将」、中国人は麻雀好きでお金を賭けないなんて考えられない。ギャンブル依存症の人も多く「麻将亡国論」という言葉まである>

新型コロナウイルス対策で政府が国民に外出自粛を呼び掛けている最中に、黒川弘務・東京高検検事長(後に辞任)の賭け麻雀(マージャン)が明らかになった。しかも自身の定年延長が「違法」とも指摘されるなか、それを後付けで正当化するような検察庁法改正案が論議を巻き起こしたタイミングに重なった。「週刊文春」がスクープしたこのスキャンダルでは、賭け麻雀の相手が新聞記者らだったこともあり、報道の公正性も問題視された。

このニュースは私も大いに気になった。何といっても私は中国人。そして麻雀と言えば、中国だからね。

中国語では「麻将」と書く麻雀。ただ、実を言うと私自身はほとんどやったことがない。嫌いなわけでも苦い思い出があるわけでもなく、単に覚える機会がなくて、興味もないまま今に至っている。

とはいえ私はむしろ少数派で、中国人には麻雀好きが多い。そして大抵は賭け麻雀だ。日本と同じく違法だが、お金を賭けない麻雀なんて中国人には考えられない。中国では、黒川さんのように誰かの家に集まるか、違法のため看板こそ出ていないが雀荘的な店があちこちにあるので、そこで卓を囲む(来日当初、雀荘の看板を見て「スズメの......店?」と首をひねったっけ)。

とにかく言いたいのは、ギャンブルはよくないということ。趣味でやる程度の賭け麻雀にあまり文句をつけたくないが、人間を駄目にする一種の麻薬と言ってもいいだろう。実際、中国には「麻将亡国論」なる言葉もあり、ギャンブル依存症になる人は多い。浙江省に住む私の親戚もその1人で、すぐ賭け事にお金を使ってしまうため、年がら年中、奥さんとけんかをしている。

もちろんギャンブル依存症は麻雀に限ったものではない。日本で特に深刻なのはパチンコのほうだろう。自粛期間中には、営業を続けるパチンコ店と行政側の間で攻防が繰り広げられ、ニュースでも大きく取り上げられた。パチンコ店に並ぶ人たちを見て、「単に暇つぶしに来ているのではなく、パチンコなしには生きられないのかもしれない」と気の毒に思ったものだ。

私は昔、司法通訳をやっていた。その時いわゆる「裏ロム」、つまりパチンコ台基板の違法改造を行う中国人の事件を担当したことがあり、パチンコ業界の裏側も少々かじることになった。そのせいもあって、普通の人はそもそも勝てないようになっていると思っている。勝てないギャンブルで身を亡ぼすなんて、あまりにも悲しい。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)

ニュース速報

ワールド

米フロリダ州、新型コロナ死者が最多更新 感染者も急

ワールド

トランプ政権、中国共産党員の米渡航禁止を検討=関係

ワールド

OPEC、過剰在庫長期化に懸念 コロナ第2波で

ワールド

米共和党、トランプ氏指名の全国大会規模縮小へ コロ

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナ新規感染286人で過去最多を更新 「GoToトラベル」は東京除外で実施へ

  • 2

    韓国は「脱日本」の成功を強調 日本の輸出規制から1年、その実態は?

  • 3

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

  • 4

    中国に不可欠な香港ドル固定相場制度、米国と対立で…

  • 5

    香港「一国二制度」の約束をさっさと反故にした、中…

  • 6

    大学「替え玉入学」で人生を盗まれた中国下層階級の…

  • 7

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 8

    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

  • 9

    東京都、15日の新型コロナ感染165人 警戒レベル最高…

  • 10

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失ったもの

  • 4

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 8

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 9

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 10

    韓国は「脱日本」の成功を強調 日本の輸出規制から1…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!