コラム

反コロナ・デモに揺れるベルリンで、ハンナ・アーレント展が示すもの

2020年09月04日(金)16時30分
反コロナ・デモに揺れるベルリンで、ハンナ・アーレント展が示すもの

「自由の日―パンデミックの終わり」というモットーの下での右翼のデモ。マスクを着けている人は皆無である。2020年8月1日ベルリン。撮影者 Leonhard Lenz. Creative-Commons-Lizenz, CC0 1.0 Universal (CC0 1.0)

<ベルリンで起きた「反コロナ」デモ。多数の一般市民がデモに参加した本当の理由は、陰謀論でも自由の抑圧でもなく、「真実の探求」だった...... >

マスクや社交距離の規則を拒否するデモ参加者の意識

2020年8月1日と29日に、ベルリンで数万人規模の「反コロナ」デモが起きた。これらのデモは、「自由の日―パンデミックの終わり」をモットーに招集され、デモのシンボルは、マスクや社交距離の規則を拒否するという明確な姿勢だった。市内各地で繰り広がられた4万人におよぶ大規模デモの参加者に、マスクを着けた人は見当たらなかった。

大規模集会が規制されている中、8月29日のデモでは、一部の過激な集団が国会議事堂に乱入しようとし、約3,000人の右翼過激派がロシア大使館前で警察と衝突、7人の警察官が負傷し、200人の逮捕者がでた。このデモの背景に一体何が起きているのか? コロナ・ウィルスそのものの存在を疑う者、コロナ規制が過剰に市民の自由を奪っていると主張する者、コロナ規制は政治的な策略であるとする陰謀論者の群れに隠れて、一般市民の本当の姿は見えなくなっている。

コロナ危機を煽り、市民の自由を抑圧しているという政権批判を展開する政治勢力の呼びかけで、8月29日のベルリンのコロナ反対デモには3万8千人の参加者が集った。この日のベルリンの抗議行動には、反ワクチン運動を展開しているロバート・F・ケネディ・ジュニアもいた。同氏は、暗殺されたロバート・F・ケネディの息子で、同じく暗殺されたジョン・F・ケネディ米大統領の甥にあたる人物である。

米国で勢いを増す陰謀論グループ「キューアノン(QAnon)」からの参加者も見かけた。こうした陰謀論グループの主張や一般の家族連れにいたるデモ参加者に共通する問題意識は、「より多くの真実を見つける」ことだった。感染を保護する措置は正しいのか、それともそれらの規制への反乱か?コロナをめぐる誇張と挑発の中で、デモ参加者はどんな真実を見出そうとしたのか。

ハンナ・アーレントを読み解く

反コロナ・デモに揺れるベルリンで、パンデミックの影響から3ヶ月近く閉館されていたドイツ歴史博物館が「ハンナ・アーレントと20世紀」展を開催した。哲学者、作家、政治理論の教授であったハンナ・アーレント(1906-1975)は、全体主義を研究した著作や、ナチス戦争犯罪者のアドルフ・アイヒマンの裁判報告でも知られている。

takemura0904b.jpg

ベルリンのドイツ歴史博物館内での「ハンナ・アーレントと20世紀」展のポスター。Kein Mensch hat das Recht zu gehorchen.(人には服従する権利はない)と記されている

ハンナ・アーレントは、ドイツに生まれたユダヤ人で、ナチスの台頭によりアメリカに亡命し、反ユダヤ主義、植民地主義、人種差別、ナチスとスターリニズムに関する著述を次々に発表した。時代に立ち向かう知的哲学者が引き起こした論争は数多く、彼女の1963年の著作『エルサレムのアイヒマン』は世界に衝撃を与えた。1961年、アーレントはアメリカの記者として、エルサレムで開かれた元ナチス親衛隊のアドルフ・アイヒマンの裁判を傍聴した。アイヒマンは何百万人ものユダヤ人を強制収容所や絶滅収容所に送った人物だった。

裁判に関するアーレントの記事は、1963年に「ニューヨーカー」誌に掲載され、その後、副題「悪のバナリティ(凡庸さ)に関する報告書」として出版された。彼女はアイヒマンを、「彼の上司の単なる道具として自分自身を様式化した、信念のない官僚」と表現した。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

ニュース速報

ビジネス

ECB、大規模な量的緩和維持 コロナ感染「深刻なリ

ビジネス

米住宅着工、12月は5.8%増に加速 許可件数も大

ビジネス

ECB理事会後のラガルド総裁発言要旨

ワールド

トルコ中銀、政策金利据え置き 必要なら追加利上げと

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 2

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 3

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己中だらけでコロナに勝てるの?

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 6

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 7

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 8

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 9

    韓国・株投資熱狂 投資を目的とする借入金も増え、…

  • 10

    バイデン、大統領就任直後に出す大統領令や政策まとめ

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 7

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 8

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!