最新記事

動物

おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」で、希少種のカニを発見か

Microscopic Crab-Like Creatures Discovered in Murder Cave

2022年8月13日(土)15時25分
ジェス・トムソン

スムー洞窟 Flavio Vallenari-iStock

<かつて悪名高い追い剥ぎが「死体の捨て場所」にしていた洞窟で、イギリスでは初となる可能性がある重要な生物の発見があった>

スコットランドの2つの洞窟で、希少種と思われる小さなカニが発見された。2つの洞窟のうち1つは「殺人の洞窟」と呼ばれ、16世紀の悪名高いハイウェイマン(追い剥ぎ)による一連の殺人と関係があったものだ。

■【写真】発見された甲殻類のイラストと、発見場所となったスムー洞窟

この小さな地下水生の甲殻類は、大きさわずか1ミリほどだ。スコットランドのサザーランドにあるスムー洞窟と、アシントにあるアルト・ナン・ウアム・ストリーム洞窟の水たまりで発見された。

学術誌「ケーブ・アンド・カルスト・サイエンス」に発表された論文によれば、スコットランド各地にある32の洞窟を6年かけて予備調査した結果、このカニが発見された。ヨーロッパのほかの場所で見られる種と同じかどうかは、まだ確認する必要があるという。

通常、地下水生生物は偏性(生存できる環境条件が1つに限定されること)で、地下のみに生息している。帯水層、湧水、河床間隙(河床の下にある多孔質の堆積物で、浅い位置の地下水と地表水が混じり合う場所)などの地下水面という奇妙な場所に暮らしている。

この科学分野には未知の部分が多い。地下水に暮らす動物の基本的な生態、これらの動物が提供する生態系サービスの範囲、汚染などの人為的なかく乱が与える影響については、まだ多くが分かっていない。

追い剥ぎが死体の捨て場所にしていた洞窟

今回、希少なカニが発見された2つの洞窟は、一帯ではよく知られている場所。アルト・ナン・ウアム・ストリーム洞窟は、洞窟探検の人気スポットだ。スムー洞窟は、最長6000年に及ぶスコットランドの歴史と深く関連しており、この地に最初に定住した人々が使っていたと考えられている。

スムー洞窟はさらに、悪名高い追い剥ぎのドナルド・マクマードが、殺した人々の死体を、地面の穴から投げ捨てていた場所としてもよく知られている。

これらの洞窟で発見されたカニは、イギリス諸島で初めて目撃された種である可能性がある。論文の執筆者によれば、今回発見されたカニは、ヨーロッパの井戸、小川、泉、さらには森の水たまりで目撃されている種と同じかもしれないという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ外相「何も変わらず」、プーチン氏の4州併

ワールド

プーチン大統領、ウクライナ4州併合条約署名 演説で

ワールド

ウクライナ、NATO迅速加盟正式申請 プーチン氏と

ワールド

米、対ロシア追加制裁へ 中銀総裁など対象 4州併合

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月