最新記事

BOOKS

テレビで反響を呼んだ取材、『発達障害と少年犯罪』

2018年9月21日(金)18時05分
印南敦史(作家、書評家)

そしてもうひとつはその2カ月後の2014年12月、名古屋大学在学の女子大生(当時19)が、宗教の勧誘で知り合った女性を自宅アパートに誘い、斧で殴ったのちマフラーで絞め殺した「名古屋大学女子学生殺人事件」である。

ちなみに名古屋の事件の加害者は、以前から人を殺すことに異常な興味を示しており、取り調べでも「子どもの頃から人を殺して見たかった」と供述したという。精神鑑定の結果、「自閉症スペクトラム障害(ASD)」の可能性があると診断されるも、「刑事責任能力については問題ない」と判断され、起訴された。

虐待が脳を破壊する


 自閉症スペクトラム障害とは、発達障害の一種である。(中略)
 発達障害者支援法によれば、発達障害は「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」と定義されている。(15〜16ページより)


自閉症スペクトラム障害は、「連続体」を意味する「スペクトラム」という言葉を使用することで、その症状には多様性があり、連続体として重なり合っているという考え方を表している。
 従って、(中略)発達障害者支援法で言うところのアスペルガー症候群は、自閉症スペクトラム障害に含まれることになる。(17ページより)

本書でも、これまで「アスペルガー症候群」と呼ばれていたものを「自閉症スペクトラム障害」で統一しているそうだ。また著者は、本書において発達障害と呼称する場合、おもに自閉症スペクトラム障害と「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」を指すとも述べている。複雑だが、こうした確認を避けられないほどデリケートな問題なのだろう。

ところで衝撃を投げかけてくるのは、第三章「虐待が脳を破壊する」である。ここでは「虐待が発達障害の特性を呼び込む」ということを、さまざまな角度から立証しているのである。


 脳科学者であり、福井大学子どものこころの発達研究センター発達支援研究室および同大学附属病院子どものこころ診療部で小児科医として働く友田明美さんは、長年にわたりアメリカのハーバード大学と共同で児童虐待が脳に及ぼす影響を研究してきた。友田医師はその研究の結果、虐待は死に至らなくとも深刻な影響、後遺症を子どもに残してしまうという結論に至った。特に、子どもの脳に深刻な変化が起きてしまうという点を強調している。
 それは、「発達性トラウマ障害(DTD)」という考え方である。2005年にボストン大学医学部のベッセル・A・ヴァン・デア・コーク教授が発表したこの発達性トラウマ障害は、子ども時代のさまざまな逆境による強いストレスが、子どもの脳の正常な発達を妨げ、発達障害よりも強烈な傷を脳に刻みつけてしまうという衝撃的な内容だ。このコーク博士の提唱した考え方から、子ども時代のさまざまな逆境による強いストレスを「トラウマ(心的外傷)」と呼ぶようになった。(79〜80ページより)

この考え方について留意すべき点は、「この障害は、脳が発達している期間、つまり幼少期から少年期に確定してしまう」ということ。大人になって脳が成熟したあとに起こったものではないのだ。さらに、トラウマ状態に置かれた子どもは特異な行動に出たり、特殊な精神状態に陥ったりしてしまうのだそうだ。

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月