最新記事

特集

日本人と英語

「英語ができる日本人」という明治以来の悲願がかなわないのは完璧さへの執着を断ち切れず英語と対等に向き合えないせいだ

2011年5月18日(水)15時11分
井口景子(本誌記者)、アンドルー・サルモン(ソウル)

今度こそ! 楽天ショックで再び英語熱が高まっている Stockbyte/Getty Images

 ある有名経済誌に、日本の若者の英語力を憂う財界人の提言が寄せられた。「国際ビジネスに携わるにはまず外国語を巧みに操る必要がある。教師の質の向上と学生の努力が必要であり、1クラスの人数を減らすのも一案だ。文法ばかり重視して実践練習を怠っていては畑の真ん中で泳ぎ方を研究するようなものだ」

 2011年の話? いや、これが書かれたのは日露戦争直後の1907(明治40)年。国際貿易と外国人居住者の急増に押されて、実践的な英語力のニーズが劇的に高まった時期だ。

 日本が英語学習熱に沸いたのはこのときだけではない。西洋文化が一気に流入した明治維新期、鹿鳴館が落成した明治中期、ラジオ英会話が大人気を博した第二次大戦直後、日本企業がアメリカのビルを買いあさったバブル期、90年代以降のグローバル化時代──。

 今や外国でショッピングを楽しむ程度の英語力は多くの人が身に付け、異文化の経験値も確実に上がっている。だが、100年前の財界人が切望した「英語で仕事ができる日本人」の夢がかなったかと聞かれれば、何とも心もとない。

 会話力の重視や数学などの科目を英語で教える試み、公立小学校への英語授業導入など「いま話題の取り組みはほぼすべて明治時代に試されている。なのに日本人は失敗に学ばず、同じ問題に悩んでいる」と、英語教育史に詳しい和歌山大学の江利川春雄教授は言う。

 これまで成功しなかったのは必要がなかったから、とも言える。日本は植民地経験がない単一言語国家で、巨大な国内市場があるため経済の外国依存度も低い。「日常的なニーズがなく、言語系統的に母語と関連性がない外国語を、国民の大多数が身に付けた例は世界中どこにもない」と、東京学芸大学の金谷憲教授(英語教育学)は言う。英語に対して「アイドルを追い掛けるような憧れは強いが、自分がアイドルになるために本気で努力する人は多くない」。

 だが今や英語はパソコンと並ぶ人材の基本スペック。地球上の40億人が使う世界共通語に憧れているだけでは、グローバルビジネスの土俵に上がることすらできない。...本文続く

──ここから先は5月18日発売の『ニューズウィーク日本版』 2011年5月25日号をご覧ください。
<デジタル版のご購入はこちら
<iPad版、iPhone版のご購入はこちら
<定期購読のお申し込みはこちら
 または書店、駅売店にてお求めください。

カバー特集「日本人と英語」は、苦手意識を克服するための新発想を追求したラインアップ
■「簡易英語」徹底攻略ガイド
■対中ビジネスも中国語より英語の時代
■英語会議を乗り切る7つの基礎知識

特集以外にも、本誌でしか読めない記事が満載
限界に達した被災者の「我慢」
■ビンラディン後を担うタリバン最凶戦士
■ナタリー・ポートマン、迷走の女優人生......

<最新号の目次はこちら

[2011年5月25日号掲載]

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中