Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2011.5.25号(5/18発売)

創刊25周年記念特別企画 第2弾
日本人と英語 ── ENGLISH & JAPANESE

2011年5月25日号(5/18発売)

Cover Story

思うように話せないのは完璧さを求めすぎたから──
世界で通用する「使える英語」を磨く新発想とは

日本人と英語

語学 「英語ができる日本人」という悲願をかなえるための処方箋

シンプル英語徹底攻略ガイド

対策 「通じればOK」の簡易英語を使いこなすためのハードル

アジア 対中ビジネスも中国語より英語の時代

限界に達した被災者の「我慢」

東日本大震災 「東北人は我慢強い」という物語に隠された避難民の苦しみ

SCOPE
InternationaList
Afghanistan ビンラディン殺害でも米軍は帰れない
Sudan 南北スーダン「火薬庫」の火は消えたか
Turkey アラブの独裁者を見捨て始めたトルコ
Russia カネ目当ての誘拐に富裕層は戦々恐々
Asia
Thailand 3年半ぶりの総選挙で再び騒乱に?
India インドが海賊退治に本腰を入れる理由
Singapore 野党がたった6議席獲得で大興奮するワケ
US Affairs
共和党候補のイタイ現実
色あせる高速鉄道大国の夢
大ニュース続発でメディアは大赤字に?
歴代大統領のマイレージ対決
Business
グーグルにかみついたフェースブック
初音ミクを起用したトヨタの狙い
世界は金融危機の教訓を何一つ学んでいない
Entertainment
「軽いタッチの映画にはできなかった」
シュワ別居の理由は強烈エゴ?
バフェット、ドラマ界でも存在感を発揮
FEATURES
スクープ 暴走する核大国パキスタンの野望
特別寄稿 「私は核で祖国を救った」
アフガニスタン ビンラディン後を担うタリバン最凶戦士
米外交 オバマが頼る「次のヒラリー」
米大統領選 共和党のオバマ攻略作戦
CULTURE
Fashion 元子役セレブの華麗なる転身
Dance ロシアバレエを伝統から解き放て
Movies 奇想天外すぎる『アジャストメント』
Movies N・ポートマン、迷走の女優人生
Television 稼ぎ頭はヒステリックな黒人女性
Books 大好きなパパはケーリー・グラント

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!