Newsweekとは

デジタル版

Newsweek日本版 デジタル版
見逃していた特集も、保存版にしておきたいあの号も、デジタル版なら、バックナンバーのご利用が便利です。
あれから1年。いま改めて読みたい、ジョブズについて。
テクノロジーからキーパーソンまで、デジタル界の新秩序をウォッチ。

『ニューズウィーク日本版』は、デジタル版でもご購読いただけます(400円/税込)。
PC、スマートフォン、iPadなどの電子端末で、インターネットに接続できる環境なら、いつでもどこでも閲覧することができます。自宅やオフィス、出張先でデジタル版をお楽しみください。

『ニューズウィーク日本版』デジタル版は、下記の書店で

Amazon Kindle
Kindleで購入
MAGASTORE
マガストアで購入
Fujisan.co.jp
Fujisanで購入
BookLive!
BookLive!で購入

デジタル版の定期購読については、こちらから

Newsstand
Newsstandで購読
Fujisan.co.jp
Fujisanで購読

※デジタル版に関する仕様、その他の疑問は、それぞれのインターネット書店サイトでご確認ください。

MAGAZINE

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017-3・28号(3/21発売)

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 2

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 3

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 4

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 5

    テロ直後にトランプの息子がロンドン市長を批判、で…

  • 6

    「スイッチ」で任天堂はよみがえるか

  • 7

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    ロイヤル・ヨルダン航空、米の電子機器禁止に神対応

  • 10

    情で繋がり、情でつまずく保守の世界~森友学園以外…

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 7

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 8

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 9

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 10

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 7

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 8

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 9

    ISISが中国にテロ予告

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!