Newsweekとは

デジタル版

Newsweek日本版 デジタル版
見逃していた特集も、保存版にしておきたいあの号も、デジタル版なら、バックナンバーのご利用が便利です。
あれから1年。いま改めて読みたい、ジョブズについて。
テクノロジーからキーパーソンまで、デジタル界の新秩序をウォッチ。

『ニューズウィーク日本版』は、デジタル版でもご購読いただけます(400円/税込)。
PC、スマートフォン、iPadなどの電子端末で、インターネットに接続できる環境なら、いつでもどこでも閲覧することができます。自宅やオフィス、出張先でデジタル版をお楽しみください。

『ニューズウィーク日本版』デジタル版は、下記の書店で

Amazon Kindle
Kindleで購入
MAGASTORE
マガストアで購入
Fujisan.co.jp
Fujisanで購入
BookLive!
BookLive!で購入

デジタル版の定期購読については、こちらから

Newsstand
Newsstandで購読
Fujisan.co.jp
Fujisanで購読

デジタル版定期購読で特典をいずれか1つもれなく進呈(fujisanでの申し込み限定)

デジタル版を定期購読お申し込みいただくと特典をいずれか1つもれなく進呈(fujisanでの定期購読のみ) デジタル版を定期購読お申し込みいただくと特典をいずれか1つもれなく進呈(fujisanでの定期購読のみ)

※デジタル版に関する仕様、その他の疑問は、それぞれのインターネット書店サイトでご確認ください。

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 9

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 10

    核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい