最新記事

インタビュー

30万部ベストセラーの教授が説く「毎日1%向上する人になれ」

2020年12月12日(土)18時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

写真は本文と関係ありません recep-bg-iStock.

<私たちは皆、自分の人生に責任があり、自分たちで思っているよりも多くの選択肢を持っている――。スタンフォード大学のティナ・シーリグ教授が今年、10年前の著書『20歳のときに知っておきたかったこと』を大幅にアップデートした。いま私たちはどう生きるべきなのか>

2010年3月に日本で刊行された『20歳のときに知っておきたかったこと』(高遠裕子・訳、三ツ松新・解説、CCCメディアハウス)という本がある。スタンフォード大学の起業家育成のエキスパート、ティナ・シーリグ教授が「人生を変える方法」を指南した同書は、日本だけで30万部を売り、世界各国でベストセラーとなった。

あれから10年が経った今年、同書を大幅にアップデートした『新版 20歳のときに知っておきたかったこと――スタンフォード大学集中講義』が刊行された。
new20yrsoldbook20201212-cover200.jpg
この10年におけるネットやデバイスの目覚ましい進化によって、ビジネスや文化、学習方法は大きく変わった。さらに新型コロナウイルスの脅威がもたらした生活や働き方の変化は、今後ますます広がっていくだろう。

誰にとっても大きなターニングポイントになったであろう2020年、なぜ『20歳のときに知っておきたかったこと』をアップデートしたのか。いま起こり、これからも起こっていく変化に、どう対応していけばいいのか。

そして、いま私たちはどう生きるべきなのか。

著者のティナ・シーリグに聞いた。

――『20歳のときに知っておきたかったこと』はアメリカだけでなく、日本でもロングセラーとなり、大人気です。

私自身、この本の反響に驚きつつも、とても嬉しく思っています。この10年間、本書から有意義なメッセージやストーリーを見つけたという話を何千人もの読者たちから聞いてきました。

本書の包括的なテーマは、読者自身に、独自の道を世界で作ることができるという自信を与えることです。つまり、自分で立てた仮説に挑戦し、実験しては失敗し、自分で道(コース)を計画して、自分の能力の限界に挑むことへの許可を自分に与えるのです。

本書を読むことでこれらのアイデアを内面化し、自分にもできると知ることになります。

――今回の新版で新しい2つの章を追加されましたが、その意図や目的について聞かせてください。

10年前に書いた本を改めて振り返り、アップデートできたことはとても光栄です。新規の2章では、最近、私自身が考えるのに多くの時間を費やしているテーマ、つまりリスクを取ること(リスクテイク)と運について取り上げています。

旧版でもこのテーマに触れましたが、それほど深くは掘り下げませんでした。追加した章は2018年に私がTEDで行った講演に基づいており、小さなリスクを取ることで運がどう向上するかについて説明しています。

TED講演の準備段階で、このテーマ(リスクテイクと運)に向き合った結果、私たちの生活のあらゆる面において、これらが成功のためにいかに決定的に重要であるかが分かったのです。このテーマについての新しい本を書くのではなく、本書の新版に入れることにしました。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア編入投票、圧倒的多数が支持 序盤の国内暫定集

ワールド

核兵器使用で「深刻な結果」招く、NATOがロシアに

ビジネス

英中銀、市場が「機能不全」に陥るときのみ国債売却停

ビジネス

「不確実性に拍車かけるな」仏中銀総裁が警告、市場変

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 4

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 5

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 6

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 7

    プーチンに自国を売り渡し、「戦争の共犯者」に成り…

  • 8

    プーチン動員令、国内パニックだけじゃない深刻な影響

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月