最新記事

インタビュー

「みんな承認欲求をこじらせている。それを意識して選択しているか?」Tehuが語るネットと人生

2020年10月29日(木)16時25分
朴順梨(ライター)

『「バズりたい」をやめてみた。』より(写真:柴田ひろあき)

<14歳で「早熟の天才」として注目され、18歳で「小4なりすまし」炎上、その後「あの人は今」的な状態だったTehuこと張惺。SNSでの「臨死体験」経験者である彼が、承認欲求との向き合い方を語った>

「十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人」

子供の頃は並外れた才能の持ち主だったのに、大人になったら平凡な1人として埋没してしまうことを意味することわざは、とてもよく知られている。

本当に神童が凡人になるかどうかは分からない。が、Tehu(てふ)は誰もが認める早熟の天才だった。

本名は張惺(ちょう・さとる)。灘中学校の2年生だった2009年にiPhoneアプリ「健康計算機」を開発したのをきっかけに、さまざまな活動で注目を集め始めた彼は、大人たちから「次世代のリーダーの1人」と褒めたたえられていた。しかし同時にSNSで炎上を繰り返したことで、「もっとも有名な10代の嫌われ者」でもあった。
tehubook20201030-cover.jpg
現在25歳になった彼は、果たして天才のままなのか。それとも、凡人になってしまったのか。それ以前に最近は、何をして、何を考えていたのか。

『「バズりたい」をやめてみた。』(CCCメディアハウス)を最近出版したTehuに、今までとこれからについて大いに語ってもらった。

10年間の学びをまとめた「承認欲求」という言葉

――本を書こうと思ったのは、何が理由ですか?

知り合いの編集者から「普段どんなサブスクをしてますか?」ってテーマの企画を提案されたんですけど、打ち合わせがてら雑談をしていて「承認欲求に向き合うって難しいよね」という話をしたら、「サブスクの話も面白いけど、承認欲求についての話も聞いてみたいたいよね」という流れになりまして。

それでなぜか、承認欲求についてたくさん話すことになったんです。最後にはサブスクにもちゃんとつながっているとは思うんですが。

それを読んだ別の編集者からオファーを頂いたのでまとめました。

僕は14歳で注目されるようになって、18歳で事件を起こして(※後述)、20歳ぐらいから実質的な隠居と言いますか、「あの人は今」的な状態になったんです。だから世の中的には「昔はチヤホヤされていたけれど、今は消えた人」みたいな扱いで、僕のことをバカにしている人もいるかもしれない。

でもこれまでの10年間を改めて振り返って、何をしてきたのかを見つめ直した経験が自分の中で学びになっているんです。その学びをまとめたのが「承認欲求」という言葉なんだと、この2年ぐらいずっと考えてきて。それで思考が整理されたタイミングでオファーが来たので、本にまとめようと思いました。

頭の中でずっと考えていたことなので、誰かと共有しようとは思っていなかった。でも僕みたいな稀有な経験をしていなくても、承認欲求は誰もが持っているものだと思うんです。

ただ、世の中の流れとしては承認欲求を刺激するコンテンツがどんどん増えているので、そこに向き合うことがとても難しくなっている。そんな中でどうやって個を喪失せずに生きられるか。

僕自身は喪失しかけてギリギリ戻ってきた「臨死体験」経験者なんですけど(笑)、それを伝えることで誰かのヒントになればと思ったのが、まとめたきっかけです。

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに3058人のコロナ感染者 日曜では過

ビジネス

アングル:欧米で広がる金融商品「バズらせ」戦略、標

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺到で中止に、殺害予告も

  • 4

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 5

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 6

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 7

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 8

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 9

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 10

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月