最新記事

インタビュー

「みんな承認欲求をこじらせている。それを意識して選択しているか?」Tehuが語るネットと人生

2020年10月29日(木)16時25分
朴順梨(ライター)

『「バズりたい」をやめてみた。』より(写真:柴田ひろあき)

<14歳で「早熟の天才」として注目され、18歳で「小4なりすまし」炎上、その後「あの人は今」的な状態だったTehuこと張惺。SNSでの「臨死体験」経験者である彼が、承認欲求との向き合い方を語った>

「十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人」

子供の頃は並外れた才能の持ち主だったのに、大人になったら平凡な1人として埋没してしまうことを意味することわざは、とてもよく知られている。

本当に神童が凡人になるかどうかは分からない。が、Tehu(てふ)は誰もが認める早熟の天才だった。

本名は張惺(ちょう・さとる)。灘中学校の2年生だった2009年にiPhoneアプリ「健康計算機」を開発したのをきっかけに、さまざまな活動で注目を集め始めた彼は、大人たちから「次世代のリーダーの1人」と褒めたたえられていた。しかし同時にSNSで炎上を繰り返したことで、「もっとも有名な10代の嫌われ者」でもあった。
tehubook20201030-cover.jpg
現在25歳になった彼は、果たして天才のままなのか。それとも、凡人になってしまったのか。それ以前に最近は、何をして、何を考えていたのか。

『「バズりたい」をやめてみた。』(CCCメディアハウス)を最近出版したTehuに、今までとこれからについて大いに語ってもらった。

10年間の学びをまとめた「承認欲求」という言葉

――本を書こうと思ったのは、何が理由ですか?

知り合いの編集者から「普段どんなサブスクをしてますか?」ってテーマの企画を提案されたんですけど、打ち合わせがてら雑談をしていて「承認欲求に向き合うって難しいよね」という話をしたら、「サブスクの話も面白いけど、承認欲求についての話も聞いてみたいたいよね」という流れになりまして。

それでなぜか、承認欲求についてたくさん話すことになったんです。最後にはサブスクにもちゃんとつながっているとは思うんですが。

それを読んだ別の編集者からオファーを頂いたのでまとめました。

僕は14歳で注目されるようになって、18歳で事件を起こして(※後述)、20歳ぐらいから実質的な隠居と言いますか、「あの人は今」的な状態になったんです。だから世の中的には「昔はチヤホヤされていたけれど、今は消えた人」みたいな扱いで、僕のことをバカにしている人もいるかもしれない。

でもこれまでの10年間を改めて振り返って、何をしてきたのかを見つめ直した経験が自分の中で学びになっているんです。その学びをまとめたのが「承認欲求」という言葉なんだと、この2年ぐらいずっと考えてきて。それで思考が整理されたタイミングでオファーが来たので、本にまとめようと思いました。

頭の中でずっと考えていたことなので、誰かと共有しようとは思っていなかった。でも僕みたいな稀有な経験をしていなくても、承認欲求は誰もが持っているものだと思うんです。

ただ、世の中の流れとしては承認欲求を刺激するコンテンツがどんどん増えているので、そこに向き合うことがとても難しくなっている。そんな中でどうやって個を喪失せずに生きられるか。

僕自身は喪失しかけてギリギリ戻ってきた「臨死体験」経験者なんですけど(笑)、それを伝えることで誰かのヒントになればと思ったのが、まとめたきっかけです。

ニュース速報

ビジネス

米財務長官とFRR議長、中小企業巡り危機感 上院銀

ワールド

ドイツ西部で歩行者に車、子ども含む少なくとも2人死

ビジネス

米ISM製造業景気指数、11月は低下 雇用再び50

ワールド

ロシア、北方領土にミサイル防衛システム配備

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月