最新記事

インタビュー

「不安に耐えるか、退屈に耐えるか」ZOZOを去った田端信太郎はいま何を考えているか

2020年3月10日(火)17時25分
朴順梨(ライター)

Newsweek Japan

<リクルート、ライブドア、LINE......と渡り歩いてきたインフルエンサーの田端氏は今、「究極に距離が縮まる最新型のメディア」と考えるオンラインサロンに注力している。サロン内の最重要キーワードは「ブランド人」だ>

憎まれっ子インフルエンサーとして、大いに世に憚ってきた田端信太郎氏。実はその勢いのある言葉の原点に、トム・ピーターズ著『ブランド人になれ!』(仁平和夫・訳、CCCメディアハウス)という20年前の本があったことについては、インタビュー前編(SNSの申し子・田端信太郎、自著と同じタイトルの「元ネタ」本を熱く語る)で語ってもらった。

田端氏は今、「田端大学」というオンラインサロンを主宰している。大学と銘打ちながらも塾長を名乗り、メンバー1人1人に「ブランド人」として成長するための、厳しい教えを与えているのだ。月会費は9800円で、メンバーは現在約300人。田端氏はオンラインサロンを「究極に距離が縮まる最新型のメディア」と見ている。

新聞より雑誌、雑誌より本、本よりオンラインサロン


メディアって、人間と人間の距離を近づけるものだと思っている。ひと昔前だったら就職面接か何かで出会って、同じ新聞を購読していたりすると、急に距離が縮まったりするじゃないですか。でも新聞は数百万部の媒体だから、実はそんなには近づかない。

次に同じ本が好きだったりすると「おっ!」と親しみがわいて、「どの言葉が好きですか?」なんて話になる。面接官と「田端さんの本いいよね。読んでるきみ、採用」となったらすごく美しいですけど――僕の本じゃなくても、司馬遼太郎でもなんでもいいんですけど(笑)。

新聞より雑誌、雑誌より本と、メディアの形態が小さくなればなるほど、親近感が増すじゃないですか。だから数百人しかいないオンラインサロンって、究極に距離が縮まる最新型のメディアだと思うんです。

初対面でもお互いが田端大学の塾生だと分かると、共通の話題で盛り上がれたりして。それで人と人との距離が近づいたり、協力関係が生まれたりする。

僕からすると謎なんですけど、参加者同士の助け合い精神というか、いい意味での切磋琢磨が実際に起きています。それはひとえに、会費という踏み絵を踏んでもらってることも大きいと思いますけど(笑)。

メンバーを容赦なくどやし付ける一方で、部室と呼ばれる会員制バーでメンバーがタダ飲みできるよう、月20万円をチャージし続けている。鞭を打つばかりではなく、ちゃんと飴も用意しているが、決してサービスのつもりでやっているのではないと言う。


オンラインサロンはコンテンツだけだと差別化できないので、コンテクスト(文脈)をどう作るかが大事ではないかと思うんです。

なぜバーにチャージしたりメンバー参加の食事会を開いたりしているかというと、これは(同じくオンラインサロンを主宰している編集者)箕輪厚介の言葉なんですけど、サロンって待ち合わせ場所だから。彼が言うには僕自身は渋谷のハチ公みたいなもので、「そこに皆が集まる」ためにいるんです。

最近は僕もクアラルンプールやホーチミンなどに呼ばれて講演するんですけど、毎回現地の日本人が100人ぐらい集まるんです。だから最初は「地元の日本人会のメンバーで、全員顔見知りなのかな」と思ってたんですけど、誰もが「ホーチミンでこんなにたくさんの日本人、初めて見た」って言ってて。

普段は日本人会みたいな旧態依然とした組織とは一線を置いている人が、僕みたいなのが来る講演会には「話が合う人が来そうだから行ってみよう」と思うんでしょうね。それはうれしいことで、田端大学もメンバー同士がつながって、何かを生み出す場所にしてほしいんです。

ニュース速報

ビジネス

豪サントス、オイル・サーチ買収額を69億ドルに引き

ワールド

米下院民主党、立ち退き猶予措置の延長をバイデン政権

ワールド

フィリピン首都圏に最強レベルの封鎖措置、デルタ型抑

ワールド

米で立ち退き猶予措置が失効、数百万人が家失うリスク

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月