最新記事

インタビュー

「肩書のない人になりたい」はあちゅうの原点となった1冊

2019年1月9日(水)11時20分
今井順梨

Newsweek Japan

<AV男優のしみけん氏と結婚した、ブロガー・作家の「はあちゅう」氏。8年前に即買いした『20歳のときに知っておきたかったこと』の魅力から、「自分は傷つきやすい」と言いながらも炎上に負けない「発信する勇気」まで、SNS時代の寵児に聞いた>

人気ブロガーとして注目された大学生時代に、25社もの企業から出資・タイアップを獲得して「タダで世界一周旅行」を実現。卒業後は電通でコピーライターとなり、現在は独立してブロガー・作家として自身の言葉を人々に届けている。

日本のウェブ業界で、知らない者はいないであろう「はあちゅう」さんだ。ツイッターで21万人、インスタグラムでも6万人以上のフォロワーを持つ。最近はAV男優のしみけんさんとの結婚生活を描いたブログ「旦那観察日記」が話題で、1日に200万PV(ページビュー)以上のアクセスを誇る人気コンテンツとなっている。

常に多くの人を惹きつけ、驚かせるような発信を続けてきた人物だが、そんな彼女には "原点の1つ"とも言える1冊の本がある。『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』(CCCメディアハウス)だ。

スタンフォード大学工学部教授であり、同大学のテクノロジー・ベンチャーズ・プログラムのエグゼクティブ・ディレクターを務めるティナ・シーリグ氏が、20歳を迎える自身の息子のためにまとめた本だ。現在、累計30万部。シーリグ教授のコースは全米の起業家育成コースの中でもトップクラスの評価を得ているが、この本にはまさに成功へと導く起業家精神のエッセンスが詰まっている。

邦訳版が2010年に発行されたときには20歳を越えていたものの、書店で見かけて即買いしたというはあちゅうさんに、同書の魅力や「発信する勇気」について聞いた。

世の中の価値に合わせずに考えることで、新しい価値は生まれる


スタンフォード大学の集中講義ってどんなことを教えてるんだろう? という純粋な興味と、タイトル(書名)、そして遥かなる感情を彷彿させる表紙がステキで。吸い込まれるような感じで手に取ったのを覚えています。もう直感で選びました。

24歳だったはあちゅうさんは当時、自己啓発本などをよく読んでいたが、同書についての予備知識はなく、書店で見かけて引き寄せられたと振り返る。


今も印象に残っているのは第1章の「いま、手元に5ドルあります。2時間でできるだけ増やせと言われたら、みなさんはどうしますか?」という課題について、学生たちが知恵を絞ってさまざまな方法を考え出していく実験です。内容は本を読んでいただければ分かりますが、枠にとらわれずに考えていく力とはどういうものなのかを、とても端的に示したエピソードです。

大学時代に買った「Think outside the box」(「既成概念にとらわれるな」という意味の慣用句)と書かれたポストカードをずっと大切にしているはあちゅうさんにとって、同書の「『決まりきった次のステップ』とは違う一歩を踏み出したとき、すばらしいことは起きる」というメッセージは、世の中の価値に合わせずに生み出したアイデアが新しい価値を生み出すということを知るきっかけになったそうだ。


私は自分で"自分の価格"を決めることをしてきましたが、会社員時代は「世のコピーライターの時間給はこれぐらいだろう」と、相場に合わせる形で仕事をしていました。でもSNSでの発信が仕事になってからは、自分の時間給を自分で決めなくてはならなくて。

つまり、一歩踏み込んでお金について考えなくてはならなくなったのですが、この本を通して「世の中の決まりごとや価値に合わせずに考えることで、新しい価値は生まれるものだ」と思えるようになったことで、臆することなく自分の仕事に価格を付けられるようになりました。

【参考記事】起業家育成のカリスマに学ぶ成功の極意(ティナ・シーリグ インタビュー)

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月