最新記事

キャリア

あと10年、これが分からないビジネスパーソンは生き残れない

2018年7月25日(水)19時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

A_Pobedimskiy-iStock.

<「誰でもプログラミングができて当たり前」の時代が、すぐそこに迫っている。自分でプログラムを書けなくても、プログラミングを知ることは必須。そしてそれはそんなに難しいことじゃない>

2020年度から、小学校でのプログラミング教育が必修化される。コンピューターの使い方を教わるのではない。コンピューターを動かすプログラムを書くことを、小学生のうちから教わるのだ。「誰でもプログラミングができて当たり前」の時代が、すぐそこに迫っている。

この10〜20年のうちに、人工知能(AI)とロボットによって数多くの仕事が代替されると言われている。現在そうした仕事に就いている人には悪夢のような話だろうが、プログラミングを知っていれば、同じ仕事に携わっていても生き残れるかもしれない。

『プログラミングを知らないビジネスパーソンのためのプログラミング講座 あなたが10年後に生き残っているために』(CCCメディアハウス)の著者・福島紀仁氏によれば、より生産性を上げるためにも、一般のビジネスパーソンこそプログラミングを知っておくべきだという。本書はまさにそのために書かれた。難しいと思われがちなプログラミングが分かるようになり、プログラミングを「体験」することもできる1冊だ。

コンピューターは「指示待ち族」

プログラミングを知らない人や、そもそもパソコンやスマートフォンも最低限の機能しか使っていないような人にとっては、「プログラムを書く」などということは、まさに未知の領域だろう。だが、「あ」と入力するようなことでも、プログラムがなければコンピューターは動かない。

そのプログラムを組み立てる作業が、プログラミングだ。プログラムとはコンピューターに与える指示であり、その指示をひとつひとつ作っていくのがプログラミングという作業になる。


ビジネスパーソンには「指示待ち族」といわれる、自ら主体的に動こうとしないタイプの人たちがいる。コンピューターも、これら指示待ち族と同様、何らかの指示を与えない限り、自ら動きだすことはない。プログラミングとは、コンピューターに対する「どう動くか」の指示である。(30~31ページ)

何でも知っていて、何でも素早く実行してくれるコンピューターは、ビジネスパーソンで言えば超エリートかつ超有能のように感じられるが、実は指示待ち族と同じなのだと思えば、少しは気楽に向き合えるのではないだろうか。

ただしコンピューターの場合、人間の指示待ち族とは異なる点が2つある。ひとつは、「指示さえ正しく与えれば、必ず指示どおりに動き、結果を出す」ということ。いくら細かい指示を与えても実行できない部下を抱えている人にすれば、これは大変ありがたい特徴だと言える。

だが、もうひとつの違いとして、コンピューターには「はずだ」「だろう」が通じないというものがある。相手が人間なら言わなくても分かるようなことも、コンピューターには分からない。与えられた指示は正確にこなすが、指示されたことを指示されたとおりにしかできないのがコンピューターだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア編入投票、圧倒的多数が支持 序盤の国内暫定集

ワールド

核兵器使用で「深刻な結果」招く、NATOがロシアに

ビジネス

英中銀、市場が「機能不全」に陥るときのみ国債売却停

ビジネス

「不確実性に拍車かけるな」仏中銀総裁が警告、市場変

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 4

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 5

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 6

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 7

    プーチンに自国を売り渡し、「戦争の共犯者」に成り…

  • 8

    プーチン動員令、国内パニックだけじゃない深刻な影響

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月