最新記事

キャリア

あと10年、これが分からないビジネスパーソンは生き残れない

2018年7月25日(水)19時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

A_Pobedimskiy-iStock.

<「誰でもプログラミングができて当たり前」の時代が、すぐそこに迫っている。自分でプログラムを書けなくても、プログラミングを知ることは必須。そしてそれはそんなに難しいことじゃない>

2020年度から、小学校でのプログラミング教育が必修化される。コンピューターの使い方を教わるのではない。コンピューターを動かすプログラムを書くことを、小学生のうちから教わるのだ。「誰でもプログラミングができて当たり前」の時代が、すぐそこに迫っている。

この10〜20年のうちに、人工知能(AI)とロボットによって数多くの仕事が代替されると言われている。現在そうした仕事に就いている人には悪夢のような話だろうが、プログラミングを知っていれば、同じ仕事に携わっていても生き残れるかもしれない。

『プログラミングを知らないビジネスパーソンのためのプログラミング講座 あなたが10年後に生き残っているために』(CCCメディアハウス)の著者・福島紀仁氏によれば、より生産性を上げるためにも、一般のビジネスパーソンこそプログラミングを知っておくべきだという。本書はまさにそのために書かれた。難しいと思われがちなプログラミングが分かるようになり、プログラミングを「体験」することもできる1冊だ。

コンピューターは「指示待ち族」

プログラミングを知らない人や、そもそもパソコンやスマートフォンも最低限の機能しか使っていないような人にとっては、「プログラムを書く」などということは、まさに未知の領域だろう。だが、「あ」と入力するようなことでも、プログラムがなければコンピューターは動かない。

そのプログラムを組み立てる作業が、プログラミングだ。プログラムとはコンピューターに与える指示であり、その指示をひとつひとつ作っていくのがプログラミングという作業になる。


ビジネスパーソンには「指示待ち族」といわれる、自ら主体的に動こうとしないタイプの人たちがいる。コンピューターも、これら指示待ち族と同様、何らかの指示を与えない限り、自ら動きだすことはない。プログラミングとは、コンピューターに対する「どう動くか」の指示である。(30~31ページ)

何でも知っていて、何でも素早く実行してくれるコンピューターは、ビジネスパーソンで言えば超エリートかつ超有能のように感じられるが、実は指示待ち族と同じなのだと思えば、少しは気楽に向き合えるのではないだろうか。

ただしコンピューターの場合、人間の指示待ち族とは異なる点が2つある。ひとつは、「指示さえ正しく与えれば、必ず指示どおりに動き、結果を出す」ということ。いくら細かい指示を与えても実行できない部下を抱えている人にすれば、これは大変ありがたい特徴だと言える。

だが、もうひとつの違いとして、コンピューターには「はずだ」「だろう」が通じないというものがある。相手が人間なら言わなくても分かるようなことも、コンピューターには分からない。与えられた指示は正確にこなすが、指示されたことを指示されたとおりにしかできないのがコンピューターだ。

ニュース速報

ワールド

スペイン、外出制限を強化へ 新型コロナ対策

ワールド

イタリア、新型コロナの死者1万人を突破 世界全体で

ワールド

トランプ米大統領、NY州の「封鎖」を一時検討 その

ワールド

北朝鮮が飛翔体2発を発射、短距離弾道ミサイルか

MAGAZINE

特集:0歳からの教育 みんなで子育て

2020-3・31号(3/24発売)

赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

人気ランキング

  • 1

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 2

    デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

  • 3

    「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は天才?!

  • 4

    「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナウイルスがあぶり出す日本の危機 自粛ム…

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    世界恐慌は絶対に来ない

  • 9

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 10

    キューバが「奇跡の新薬」と医師ら400人を世界に派遣…

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 4

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 5

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 6

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 7

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 8

    10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

  • 9

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 10

    中国の巨大タンカー84隻が一斉にペルシャ湾めざす

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月