最新記事

感染症対策

新型コロナウイルスで不足する医療関連品、増産に取り組む主な企業まとめ

2020年4月17日(金)06時42分

安倍晋三首相と企業が15、16日の2日間にわたり、不足が懸念される医療防護具や人工呼吸器、消毒液などの増産を巡り首相官邸で懇談した。写真は16日、都内で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

安倍晋三首相と企業が15、16日の2日間にわたり、不足が懸念される医療防護具や人工呼吸器、消毒液などの増産を巡り首相官邸で懇談した。出席した企業の主な取り組みは以下の通り。

・経団連:N95、DS2マスクを医療現場向けに提供するよう呼び掛け、12万枚超を集めた。早急に医療機関に提供へ。

・興研:N95マスク生産は平均月70万枚を140万枚に倍増させた。日本とタイで生産し、タイで生産した分の約6割を日本に輸出。さらに倍増すべく、国内での増産に向けた設備投資を決定し、夏から稼働へ。

・花王:ハンドウオッシュ、消毒液などを大規模に増産している。消毒液は、昨年度は委託生産で月産10万リットルだったが、自社工場のシャンプーなどのラインを転用。9月には昨年の20倍の200万リットルの生産へ。

・資生堂:消毒液は薬機法の承認が必要だが、これを2週間でクリア。今週から化粧品のラインを消毒液に転用。5月には全ての主要工場で消毒液を生産。月産20万本、10万リットルを提供する。

・帝人:医療用ガウン、4―6月に900万枚、7―9月に1000万枚を提供へ。

・ソニー:人工呼吸器を製造するアコマ医科工業と組んで、3カ月以内に準備を整え、1000万台以上の生産を目指す。内視鏡の開発にも取り組む。

・トヨタ自動車:人工呼吸器の生産台数引き上げのため支援チームを結成。医療機器メーカーへのトヨタ生産方式を紹介する。医療用のフェイスシールド、軽症感染者の治療のための療養施設、感染者の移送のための車両の提供、マスクなどの衛生用品の調達・提供。

・経済同友会:全国44の同友会に医療用ガウンの縫製人員の協力を声掛け。11の同友会から問い合わせがあり、12社で連携開始。

・ユニ・チャーム:マスクは月10億枚あればしのげると試算。7億枚は見えてきた。3億枚は中国からの輸入。試算の根拠は、国民ひとり1日1枚で30億枚。3日に一度使い捨て、2日間は配られるガーゼマスクを使用。同社としては、5月には1億枚供給する予定。

・サラヤ:手指消毒液を2月は30万リットル、3月60万リットル、4月140万リットル、5月170万リットルまで増産へ。170万リットルは通常時の6―7倍の規模。さらに数十万リットルの増産にも取り組む。

・ANAホールディングス:政府から、マンパワー不足に悩むところでの協力要請を受けた。医療用ガウン、縫製事業者の協力を得て貢献できるよう準備に入った。4.5万人の雇用を守りたい意向。

・ヴァレイ:在宅の職人の全国ネットワークを活用して、医療用ガウンを縫製。6月末までに10万枚の生産をしていく。

・日産自動車:3Dプリンタによる医療用フェイスシールド生産を月産2500個で開始。グループ会社での作成も検討中。人工呼吸器の増産も、政府から紹介を受けた医療機器メーカーとの連携の検討を始めている。人材、増産場所、不足する部品供給で協力が可能。

・デンカ:アビガンの原料供給のため、3年前に停止したプラントを再稼働へ。少しでも早期の実現を目指す。 簡易検査キット、ワクチン開発でも貢献したい。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【関連記事】
・政府の新型コロナウイルス対策正念場 緊急事態宣言を全国に拡大、一律10万円現金給付へ
・トランプ「新型コロナウイルス、武漢の研究所から流出したものか調査中」
・韓国、新型コロナ自宅隔離者の無断外出が続出 犯罪者のような電子リストバンド装着へ
・イタリア、新型コロナウイルス新規感染者は鈍化 死者なお高水準


20200421issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月21日号(4月14日発売)は「日本人が知らない 休み方・休ませ方」特集。働き方改革は失敗だった? コロナ禍の在宅勤務が突き付ける課題。なぜ日本は休めない病なのか――。ほか「欧州封鎖解除は時期尚早」など新型コロナ関連記事も多数掲載。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、中国の香港政策に支持表明

ワールド

アングル:持続化給付金、委託費巡り野党追及 2次補

ワールド

BA親会社、英の新検疫ルールに法的措置検討

ワールド

インド、来週コロナ封鎖を一部解除へ 宗教施設など再

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェット振袖か

  • 4

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 5

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 6

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 7

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 8

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざ…

  • 9

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月