コラム

虚言癖のある男に陰謀論者、「奇跡のやせ薬」販売人...こんな候補で共和党は大丈夫?

2022年09月20日(火)19時46分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
共和党予備選(風刺画)

©2022 ROGERS–ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<アメリカ中間選挙の予備選を勝ち抜いて共和党候補となった人物は、冷静に見れば「クレイジー」と言いたくなるような人物ばかり>

今回の風刺画の文言は絶妙だ。mad cow burgerという言葉はmad cow disease(狂牛病)にかかっているだけじゃない。madは狂っている、cowは意地悪な女性、burgerはバカな男という意味。狂牛病抜きでも成立する。crazy friesも一緒。響きはらせん状のフライドポテトcurly friesに近いけど、crazyは狂気、fryは雑魚を意味する。

では食材の産地は? farm-to-table(農家から食卓へ=産地直送)のもじりでfunny farm(精神病院)となっている。ゾウ(共和党の象徴)は狂った意地悪女やバカな男、狂気的で取るに足らないヤツを注文している感じ。絶対におなかを壊しそうなディナーだ。

中間選挙に向けて予備選挙で共和党が選んでいる候補も、本来は絶対に投票用紙に載らないはずの顔ぞろいだ。

代表格はハーシェル・ウォーカー上院議員候補。元アメフト選手のウォーカーは高校を首席で、大学を上位1%の成績で卒業し、今は年商7000万ドル以上の会社の経営者......と、本人は言うが、どれもウソ。3人の隠し子も発覚したウォーカーは「空気を吸うようにウソをつく」と関係者は話している。

空気といえば、彼は大気汚染について「アメリカの良い空気は中国に流れると決めた。そうして私たちの空気は中国の悪い空気と置き換わった」と話し、意味不明すぎると話題になった。

そんな彼を共和党員は候補に選んだ。彼だけではない。テレビで「奇跡の痩せ薬」を売っていた候補や白人至上主義のレトリックを繰り返す候補、連邦議会議事堂乱入に参加した候補など、信じ難い候補が次々と予備選挙を突破している。

そのほかにも、「ヒラリー・クリントンが子供の生き血を飲んでいる」など、荒唐無稽な主張をする陰謀説「Qアノン」と接点を持つ共和党候補が少なくとも15人も本選挙に進む。それだけではなく、大統領選に不正があったという無根拠な陰謀説を推す共和党候補が今の「普通」。全米の人口の6割をカバーする選挙区に、そうした主張をする人が出馬するという調査結果もある!

そろそろ気付こう。madでcrazyなのは、メニューに載っている人たちよりも、それを選んでいる人だゾウ。

ポイント

IF REPUBLICANS ORDERED FOOD LIKE THEY CHOOSE CANDIDATES...
もしも共和党員が候補者を選ぶようにメニューを注文すると...

I’LL TAKE THE MAD COW BURGER WITH A SIDE OF CRAZY FRIES!
狂牛バーガーにクレイジー・フライをつけてくれ!

GOP MENU
共和党メニュー

 20221004issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月4日号(9月27日発売)は「安倍晋三の正しい評価」特集。「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分──世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?


プロフィール

パックンの風刺画コラム

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米、航空券の価格と手数料の一体表示ルール提案

ワールド

バイデン米大統領、企業に手数料廃止や値下げ要請 高

ビジネス

企業向けサービス価格、8月は前年比プラス1.9% 

ビジネス

TikTok、売却回避に向けた計画が前進=米紙

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中