コラム

超保守派のスーパーウーマン......最高裁判事候補バレットとは何者か?

2020年10月22日(木)18時00分
超保守派のスーパーウーマン......最高裁判事候補バレットとは何者か?

公聴会で頭脳明晰ぶりを発揮したバレットだが MICHAEL REYNOLDS-POOL-REUTERS

<米社会の主流から乖離した時代遅れのイデオロギーに関する質問は無視するなど、パフォーマンスは極めて戦略的>

アメリカが主要な民主国家の中でも群を抜く政治的分断の渦中になければ、エイミー・コニー・バレットの連邦最高裁判所判事への指名承認プロセスは才気あふれるスーパーウーマンをたたえる晴れの舞台となっていたはずだった。48歳という異例の若さで法曹界のトップに抜擢された彼女は、ハイチからの養子2人を含む7人の子供を育てながら、同僚や元教え子から愛すべき友人として絶大な信頼を集めている。

承認をめぐる公聴会で厳しい質問を難なくかわす優雅な態度からも、バレットの明晰な頭脳は明らかだ。彼女はメモを見ることも、次々に浴びせられる質問を書き留めることもなく答えを繰り出し、メモを参照しないのかという上院議員の問いに真っ白のメモ帳を掲げてみせた。資料を読み上げるばかりだった議員らはもちろん、トランプ政権が過去に指名した2人の最高裁判事候補と比べても圧巻のパフォーマンスだ。

しかも、バレットはエリートらしさをひけらかさない。最高裁判事の中でアイビーリーグ出身でないのは彼女一人。激しく分断された今のアメリカで、世論がバレットに好意的なのも不思議ではない。

一方で、見事なパフォーマンスは極めて戦略的なものでもある。バレットの立ち位置はアメリカの主流から乖離した時代遅れなもので、人工妊娠中絶と同性婚を認めない可能性が高い。公聴会でも同性愛者にとって侮辱的な表現を口にし、民主党議員からの批判とネット上の猛反発を浴びた。

米国民の多数派の考えと一致しないという問題を回避するためにバレットが取った作戦は、自身のイデオロギーが少数派であることがあらわになる質問を無視すること。彼女は自身を指名したトランプ大統領との見解の相違についても回答を避けた。

平和的な権限移譲を行う、有権者が投票所で威嚇される事態はあってはならない、大統領が自身に恩赦を与えることはできない、といった点についてトランプが明言すべきか否かについて、回答しなかったのだ。最高裁判事に就任する人物が憲法上の明白な真実を明言することさえ拒んだという事実は、トランプ政権下でアメリカの民主主義が激しく損なわれた現実を映し出している。

バレットの指名が論争の的であり、最高裁そのものも批判を浴びているという認識は誰もが共有している。バレットを選び、承認した当の共和党は4年前、大統領選の年に終身制の最高裁判事を承認すべきではないと主張し、オバマ大統領(当時)に承認を見送らせた。公聴会を開催した上院司法委員会のリンゼー・グラム委員長は2年ほど前、トランプ政権1期目の最後の1年には最高裁判事の承認を行わないと約束したが、嘘だった。バレットが今後素晴らしいキャリアを築いても、大半の民主党員は正統な最高裁判事と見なさないだろう。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

2月消費者態度指数は33.8、基調判断を上方修正=

ワールド

「カーボンオフセット」でロンドンを世界の中心に=英

ワールド

米下院、警察改革法案を可決 上院通過は見通せず

ビジネス

音速機製造の米アエリオン、バークシャー傘下企業が2

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれがある、とのシミュレーション結果

  • 3

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 6

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 7

    習近平国賓来日は延期でなく中止すべき

  • 8

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 9

    アメリカは2022年北京五輪をボイコットする?

  • 10

    アリババのジャック・マー、中国長者番付で首位陥落

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 5

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 6

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 7

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。…

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!