コラム

移民はまとめて「聖域都市」へ、トランプの奇策に問題点

2019年05月18日(土)13時40分
移民はまとめて「聖域都市」へ、トランプの奇策に問題点

メキシコとの国境で米国境警備隊に摘発された不法移民 Lucy Nicholson-REUTERS

<移民に寛容な民主党支持の地域への強制移住案は、地方と中央が対立する米連邦制度の本質を突いているが>

トランプ米大統領は4月12日、不法移民をいわゆる「聖域都市」に移送する考えをツイッターで表明した。自らの移民政策に非協力的な民主党にしびれを切らした格好だ。

「民主党が危険な移民法を変えたがらないから、不法移民を聖域都市だけに移住させることを真剣に検討している。過激な左派は開かれた国境を歓迎しているようだから、喜ぶはずだ!」

「聖域都市」は政府の公式な用語ではなく、法的な定義があるわけでもない。だが国の方針に従わない不法移民に寛容な地域(都市に限らず郡や州の場合もある)を指す言葉として、このところ頻繁に使われている。

この問題は、連邦政府と各地方当局が法の執行をめぐって対立関係にあるアメリカの連邦制の本質を突く。両者の関係については、オンラインメディアVOXのダラ・リンドの説明が最も分かりやすいだろう。

彼女によれば、移民反対の超タカ派はこれらの聖域都市を「法の秩序を意図的に軽視し、法を守らないと決めた場所」だと考えている。民主党が支配する地方政府は、移民関税執行局(ICE)による不法移民の逮捕などを阻止するために「開かれた国境を支持する過激派」と同盟を結んでいるのだという。

一方、親移民派にとって聖域都市の方針は、トランプが移民について打ち出している後ろ向きの見解や、それが体現するアメリカの理想の破壊を、民主党支配地域が断固拒否するための格好の手段だ。自分たちの管轄区域に暮らす人々は、その法的立場がどうであれ、全て守りたいと彼らは考えている。

むしろ税収をもたらす

最新の統計によれば、こうした聖域運動の方針を導入している区域は39の都市と364 の郡に上る。行政当局は合衆国法典第8編第1373条を基に、その取り締まりを行っている。

第1373条は州や地方当局に対し、移民の市民権状況に関する情報をICEと共有することを禁じてはならないとするものだ。トランプ政権はこの法の実効力を大幅に強化し、聖域区域を取り締まるための道具にしている。

しかし、トランプが実際に不法移民を聖域都市に送る可能性は低いだろう。実行には数々の難題があり、どんなに腕利きの魔法使い(例えばトランプ政権の弁護士たち)の手にも負えないと予想される。ホワイトハウスが昨年11月にこの案を明らかにすると、ICEの弁護士たちはすぐに計画の合法性と論理に疑問を呈した。移民の移送には高い費用がかかり、議会はそのための支出を一切認めていない。

だがトランプが2020年の大統領選に向けた演説で、この計画を口にしなくなるとは考えないほうがいい。彼に陶酔している支持者たちが飛び付きそうな提案だからだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!