コラム

新宿の「日常」:朝の酔っぱらい、喧嘩、サラリーマンの群れ──さらに新たな境地を求めて

2019年09月13日(金)11時15分

新宿を舞台にした「Transit Station - 乗換駅」のシリーズは、そんな大西を新たな境地に導き、世界的に大きな評価を得るようになった作品だ。会社員である大西自身が通勤のため毎日通過する新宿の時間・空間に絞ったものだ。

そこで出合う普通の日常とは違った、だがそれもやはり東京の日常ではある光景――朝の酔っ払い、あるいはヤク中、ヤクザがらみの喧嘩、そのすぐ近くを何もなかったかのように通過している新宿駅のサラリーマンの群れ――そうしたものに枷(かせ)をはめ、コンセプチュアルなストリート写真として撮影したものである。

大西自身がサラリーマンであるだけに、それは彼の目を通して、新宿、いや東京のサラリーマンが心の中で感じていることのメタファーにもなるのである。

さらに彼は、ストリート写真を通して、また新たに自らの写真を変えようとしている。テーマとコンセプトだけでは自身の想像の範囲を超えられないと思う、と彼は語る。同時に、これは迷いでもあるのだと。

「そこからどうすればいいのか分からず、まずは1年間、今まで以上の枚数を撮るということをしてみた。また『撮影に行く』という意識から『そこにいるから撮る』という意識に変えた。それらを通じて、撮ったものの総体からセレクトして外に出すというプロセス全体をスナップ行為として捉え、最終的に出てきた写真が自らを映しているものと考えるようになった」と、彼は言う。

「......ただ、このままでは良いと思えず、次のステップを模索中」

とはいえ、彼は本能的に次のステップ――あるいは写真の本質――を分かっているのかもしれない。

このブログで幾度も述べてきたように、ストリートフォトグラフィーを含むドキュメンタリーフォトグラフィーには2つの属性がある。1つは、客観的に目の前の要素を見つめること。もう1つは、自身のメタファーとしての属性だ。その2つが重なり合って、新たな価値観を生み出すのである。

それはある種、脳の働きのようなものだ。論理機能に優れ、過去と未来の感覚を整理する左脳と、現在の感覚認知機能を軸として、周りの環境と自らの感覚機能をシェアしようとする右脳の合体。それが効果的にすさまじいスピードで一瞬にシンクロするとき、人はとてつもない力を生み出す。写真もまさにそれなのである。

今回紹介したInstagramフォトグラファー:
Tadashi Onishi @tadashionishi

20190917issue_cover200.jpg
※9月17日号(9月10日発売)は、「顔認証の最前線」特集。生活を安全で便利にする新ツールか、独裁政権の道具か――。日常生活からビジネス、安全保障まで、日本人が知らない顔認証技術のメリットとリスクを徹底レポート。顔認証の最先端を行く中国の語られざる側面も明かす。

20201208issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月8日号(12月1日発売)は「202X年の癌治療」特集。ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化。日本と世界の最先端医療が癌を克服する日は――

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

EXCLUSIVE-中国当局、足元の元高容認 急激

ワールド

米コロナ対策協議に勢い、超党派案がたたき台に=下院

ワールド

米コロナ死者、1日3000人突破も 当局者はマスク

ワールド

イラン、地下施設に新型ウラン濃縮機設置へ 核合意違

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティストが中国の「国民的英雄」に

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 7

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 8

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 9

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 10

    中国の研究者1000人超が米国を出国 技術盗用規制強…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!