コラム

花のマスクをかぶった「最後のマッチョ」──老いた現実

2019年04月04日(木)20時15分

それを表すため、花のマスクを作り、それも被写体の男性は手の筋力が弱いため、金属で補強しながら撮影したのである。美しい花だった頃への記憶、同時に老いた自身への不安という二重の心情だ。

自らの娘、アストゥリドを扱ったプロジェクト「New Ghosts」(新しいゴーストたち)も、シニコスキーの独特なセンスがその作品プロセスと結果に現れている。白夜と極夜が何カ月も存在するフィンランドの自然を通して、子供心が出くわす恐怖をゴースト(幽霊)やモンスターにたとえた、娘の心情のメタファー的な作品だ。

さまざまなアイデアを娘と話し合いながら、しばしば日常に溢れた不用品を活用しながら、彼女自身を恐怖という名のゴーストとして撮影している。それは、子供心が出くわす恐怖へのメタファーでありながら、父と娘の関係、あるいは夢でもある。

それらが時として、シュールな遊び感覚で構築されている。例えば2枚目の写真(前のページ)は、透明なプラスチック容器を鎧のごとくまとい、ゴースト、あるいはモンスターになった娘の写真だ。

またこのシリーズは、極めて長期にわたるプロジェクトでもある。娘が4歳の時から始め、既に7年が経過している。その過程で娘の心境は変化しており、当初は恐怖へのメタファーであったものが、年月を経るにつれて、作品過程が楽しみに変わっていったのである。もはやフィンランドに潜むゴーストは、娘アストゥリドにとって恐れの対象ではなく、友達になってしまったという。

実のところ、こうした、目に見えない人々の心情、あるいは目に見えたとしても、年月とともに変化する人々の感情を切り取ることが彼の写真の真髄だ。

冒頭で触れたように、写真はさまざまな複雑な面を持っている。その属性上、目の前の現実をストレートに表すこともできるが、同時にその本質を時として覆い隠す。そしてシニコスキーとっては、目に見えないものも、変わりいくものも、すべてが現実であり、その瞬間ごとの異なるアイデンティティが1人の人間を、社会を、形成していっているのである。それを彼はドキュメントしているのだ。

ちなみに、シニコスキーは、作品タイトルや自身の名前にしばしば日本語も併用するほど日本好きな写真家だ。彼のウェブサイトwww.sinikoski.comにも、アルファベットで書いた自身の名前の下にカタカナで「シニコスキ」と記している。その理由は、数年前にアーティスト用の居住地で知り合った2人の友人が日本人だったということもあるが、精神面で日本とフィンランドは近く感じるからだという。

今回紹介したInstagramフォトグラファー:
Aki-Pekka Sinikoski @akipekkasinikoski

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 6

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 7

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 8

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 9

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 10

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    トランプの言うことは正しい

  • 5

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!