コラム

アメリカンドリーム・ライフスタイル、作り出された成功者像との葛藤

2019年03月14日(木)11時55分
アメリカンドリーム・ライフスタイル、作り出された成功者像との葛藤

From Tania Franco Klein @taniafrancoklein

<28歳のメキシコ人、タニア・フランコ・クラインは、現代メディア社会が作り出す物質的成功の追求にもがき苦しんできた。彼女はキャラクター・セッティングをし、それを作品として昇華させる>

時代の波長は、才能ある写真家やアーティストを刺激する。そこに運が加われば、時として彼らは時代そのものを普遍化すことができるかもしれない。少なくとも、時代に絡みつく普遍的なアジェンダを投げ掛けることができる。

今回取り上げる写真家はそんな1人と言っていい。ロンドンでアートの修士号を取得した28歳のメキシコ人、タニア・フランコ・クラインだ。

クラインの作品、とりわけ「Our Life in the Shadows」という作品に接したとき、すぐに何か響くものを感じた。まず、ビジュアル性そのものが飛び込んできた。赤や黄色を、時にシアンの色を、意図的に強烈に押し出している。作品の中でキャラクター・セッティングをし、それを大半はセルフポートレートとして撮影している。

シンプルな構図が多く、ファッション的な匂いも強い。だが、少しアンダーぎみの写真が多く、また彼女自身が、しばしばリフレクションや、身体の部分だけを切り取ったものとして表現されているためか、不可思議で非現実的な匂いも漂っている。それは、彼女がプロセスとして用いたドキュメンタリーとフィクションのはざまで意図的に生み出された世界だが、実のところ、われわれが普段見落としている現実の感覚世界だ。

つまり、こういうことだ。彼女の作品には、コンセプチュアル的に、現代社会が抱えるさまざまなタイプの物質主義的な問題が描写されている。テクノロジーとメディア、とりわけソーシャルメディアが作り出す成功者像に潜む危険性である。無意識かもしれないが、多くの者がそれに煽られ、恐怖や鬱にさらされている。それが作品のテーマだ。

借りものでない。自らの経験に基づいている。現代メディア社会が作り出す物質的成功の追求は、他の多くの国々と同じくメキシコでも――彼女の言葉を借りれば「アメリカンドリーム・ライフスタイル」として――当たり前のようになっている。クライン自身、長年メキシコでそうした文化に染まり、もがき苦しんできたのである。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

英の新型コロナ死者2921人、1日で24%増 感染

ビジネス

中国東風汽車、仏PSA株売却計画を見直し 株価下落

ビジネス

米失業保険申請が最多更新、前週比倍増の665万件 

ビジネス

英BA、従業員3万2000人の一時帰休で労組と交渉

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!