コラム

アメリカンドリーム・ライフスタイル、作り出された成功者像との葛藤

2019年03月14日(木)11時55分

ただ、クラインがそれを作品プロジェクトとして昇華するには、さらなるきっかけを要した。韓国生まれ、ドイツ在住のカリスマ的哲学者、ビョンチャル・ハンの「The Burnout Society」(燃え尽き社会)理論との出合いがそれだ。この理論が、彼女自身の苦悩と、現代社会が抱える神経学的とも言われる時代の闇をはっきりさせてくれたのだった。

自らの体験と時代の理論の出合ったためか、彼女の写真哲学もはっきりしている。

「写真で最も重要なことは、正直であること。しばしば私たちは、既成の写真界が作り出したスタンダードなるものを考慮してしまう。本来はそうではなく、私たち自身がやりたいように作品への道を切り開いていくべき」

セルフポートレートが彼女自身のセラピーになっている。当初は、考えていた作品の中のキャラクターは他人に頼むつもりだったという。だが、時間的な制約や経済的な問題からか、自らキャラクターとして演じることになったらしい。

それが逆に功を奏する。カメラの後ろでなく被写体として前に立つことで、プロジェクトに対する考え方に幅が広がり、自分をよりストレートに見つめ直すことで、クライン自身のセラピーになっていったという。

とはいえ、作品のキャラクターは、彼女自身が演じていようが、あるいは他人が演じていようが、ほぼ常に何かに怯え、抑圧されているような雰囲気が漂っている。クラインによれば、常に外に向けて逃れようとしているが、結局(逃れられず)敗北しているのだという。

だがそれは、すでに触れたように、キャラクター・セッティングとはいえ、クライン自身と現代社会が抱えている大きな現実なのである。だからこそ、彼女の作品は文字通り、世界中の多くの人々に響くのかもしれない。

今回紹介したInstagramフォトグラファー:
Tania Franco Klein @taniafrancoklein

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

米共和マカウスキ議員、トランプ氏再選支持「決めかね

ビジネス

ユーロ上昇、ECBが緊急債券購入策拡充=NY市場

ワールド

FB、中国新華社など「国営メディア」と明記 広告も

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(5

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!