コラム

イスタンブールの匂いに誘われ、非現実的な世界へ

2015年08月03日(月)12時00分

 今や絶大な人気を誇り、生活の一部にさえなった感のあるインスタグラム。多くの才能ある写真家、アーティストがインスタグラムを活用し、世界中を感銘させ、楽しませている。それを見過ごすなんてあまりにも勿体無い。このブログではそんなInstagram フォトグラファーたちとその作品を紹介します。

Beyoglu - Istanbul

Elif Gulen (Suyabatmaz)さん(@fisheyedreams)が投稿した写真 -

Dreaming - Ferry - Istanbul

Elif Gulen (Suyabatmaz)さん(@fisheyedreams)が投稿した写真 -

 一回目は、どこか神秘性に包まれた、イスタンブール在住のエリフ・スヤバトゥマズ。作品は、ダーク性を漂わせながら、同時に詩的で夢のような匂いを孕んでいる。大半はイスタンブールで撮影されたもので、見るものを非現実的な世界に誘ってくれる。かつてビザンチン、オスマン帝国の首都であり、ヨーロッパとアジアに跨って発展してきた十字路が持つ繁栄と争いの二律背反的な匂いかもしれない。

 とはいえ、街並みの匂いを作品に同化させ、自分のものとして発展させることは並大抵ではできない。それは、彼女のある種複雑なアイデンティティーから来ているのかもしれない。アメリカ生まれのトルコ育ち、父は画家でクリスチャンのアメリカ人、母はムスリムのトルコ人だ。まったく世俗的に育てられた。彼女自身、どの宗教心もなく、西洋、東洋の自分に合う部分だけを吸収したいという。

 また、アカデミックの専門はアート&デザイン。本職もむしろ、グラフィック・デザイナーだ。そして、近代化されているとはいえ、トルコではまだ女性への差別や偏見が根強い。こうしたバックグラウンドが、彼女の作品スタイル、世界観に大きな影響を与えたのだろう。

 ちなみに、インスタグラムの作品はスマートフォンでHipstamatic というアプリの中にあるデジタル・フィルムとレンズを前もって設定して撮影したもので、ポストプロダクション的な(撮影後に行う)加工はしていない。言ってみればフィルム時代の撮影様式とまったく同じなのである。

今回ご紹介したInstagram フォトグラファー:
Elif Suyabatmaz @fisheyedreams

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    【要注意】スマホやヘッドフォンで若者たちが感電死

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!