コラム

患者が亡くなることもある──失礼な言動が他人に及ぼす悪影響/show up(振る舞う)

2019年02月06日(水)11時15分
患者が亡くなることもある──失礼な言動が他人に及ぼす悪影響/show up(振る舞う)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
Why being respectful to your coworkers is good for business
https://www.ted.com/talks/christine_porath_why_being_nice_to_your...

登壇者:クリスティーン・ポラス

経営学者のクリスティーン・ポラス教授が大学生だった頃、長年無礼な上司の下で働いていた彼女の父がストレスの結果入院した。そして、彼女自身が大学卒業後に入った職場も、失礼な言動で溢れていたという。それを機に、ポラス氏は職場における無礼な言動の影響について関心を持ち、その後、大学院に入ってそのテーマを研究した。

この興味深いTEDトークで、ポラス氏がその調査結果について紹介している。自分の無作法が周りで働く人に悪影響を及ぼすというのは、直感でも分かりそうなものだが、彼女が紹介する影響の具体的な証拠はあまりに印象強く、驚くべきものである。

調査結果や関連するエピソードには説得力があり、なかでも最も印象的なのは、医者の無礼な態度の結果亡くなってしまった患者の話。生産性の向上が注目されている現在、職場における無作法がどのように生産性に害を与えるかを意識することは大切である。

キーフレーズ解説

show up
振る舞う
(動画0:28より)

show upはもともと、どこかに現れることや姿を現すという意味を持ちます。最近アメリカではその延長線として、どのように振る舞うか、どのように行動するか、どんな態度を取っているかという意味を持つようになってきました。

show upは特に良い形で振る舞うことを示すことが多く、誰かの頼りになるということも意味します。このTEDトークでポラス氏が指摘するのは「how you show up and treat people means everything(どのように振る舞って人を扱うかが全てを意味する)」ということです。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●How leaders show up has a significant impact on their teams.
(リーダーがどのように振る舞うかが、その下で働いているチームに大きな影響を与えます)

●Showing up for someone is more than just being physically present, it's about showing kindness and paying attention to them.
(誰かのために頼りになるというのは、物理的にその場にいるだけでなく、その人に親切でありながら彼らに注意を払っていることを意味します)

●'Showing up for yourself' is another way of saying loving yourself and taking good care of yourself.
(「自分の頼りになる」というのは、自分を愛して自分の体を大切にするということを示すもう一つの言い方です)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!