注目のキーワード

コラム

『ドライブ・マイ・カー』に惚れ込むアメリカの映画界

2022年02月11日(金)14時40分

濱口監督の手法への評価は既に国際的にも高かったが Hannibal Hanschke-REUTERS

<トランプ以降の分断社会とコロナ禍で疲弊しきったアメリカ人の心を包み込んだ、日本文化の成熟>

濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』は、すでにカンヌ映画祭で脚本賞や国際映画批評家連盟賞などを、そしてゴールデングローブ賞では非英語作品賞を、そして世界各地の映画賞で「作品賞」の栄誉に輝いています。ですから、3月に受賞が決まるオスカーでは、少なくとも外国語映画賞の候補には入ると思っていました。

ところが、先週のニューヨーク・タイムズに、カイル・ブキャナンというロサンゼルスをベースにする批評家のオスカー候補の予想が出て、そこでは濱口監督の名前が監督賞候補に挙がっていたのです。それだけでも驚きなのですが、実際に2月7日に候補作のリストが発表になると、外国語映画賞、監督賞だけでなく、作品賞、脚色賞の候補にまでなっており、合計4部門にノミネートということになりました。

濱口監督の作風、つまり丁寧に時間をかけて深いレベルで心理的な役作りを行うこと、その上で関係性のケミストリ(人間同士の関係性における化学反応)を映像化すること、またできるだけ観客の視点を作品空間の中に「引きずり込む」ことなどについては、既にアメリカでも認知されています。ですから、監督賞というのは分かります。

また、脚色賞については、その独自のアプローチが評価されたのだと思います。脚色した濱口監督と大江氏は、村上春樹さんの小説を膨らませていったというよりは、主として3つの短編小説『ドライブ・マイ・カー』『シェエラザード』『木野』の構成要素を一旦バラバラに解体して、そこにより現代的な問題を加えながら、整合性ある一つの物語空間に再構成しています。

2021年の「ベスト10」

これは、かなり膨大な作業であり、その成果が評価されたのだと思われます。表題作をはじめ、村上氏の一連の短編は、雑誌「ニューヨーカー」に発表された後に、短編集『Men without Women』に収録されており、原作と脚色の比較がしやすかったこともノミネートを助けたと思います。

ですが、作品賞候補というのは、これは大変なことです。つまり、全米映画アカデミーが2021年の「ベスト10」にこの作品を選んだということだからです。一体どうして、アカデミー会員に代表されるアメリカの映画界は、この3時間にわたる淡々とした純文芸作品に「ゾッコン惚れ込んで」しまったのでしょうか?

3つの理由があると思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米新規失業保険申請、予想外に増加 6月のレイオフ急

ビジネス

インフレ動向不確かなら利上げ前倒しを=英中銀マン委

ビジネス

ECB、7月理事会でより大幅な利上げ巡り協議=議事

ビジネス

ユーロ圏分断化防止策が軌道に乗ることを確信=仏中央

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】アルパカとキスしようとした女性、至近距離で唾をくらう

  • 2

    ルイ王子のやんちゃな1日、再生1800万回の大ヒット

  • 3

    生魚の寄生虫アニサキス、古今東西の日本に見る予防対策

  • 4

    【動画】女王を食ったあの日のルイ王子を一気見

  • 5

    アメリカ国民の4人に1人が不買運動を実施中 ショッ…

  • 6

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 7

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 8

    知りたくなかった......イルカはどうやって仲間を見…

  • 9

    【映像】キプロスのタランチュラ、スーツケースに紛…

  • 10

    BTSの「活動休止」は韓国若年層の悲鳴

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 6

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 7

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中