コラム

トランプの一般教書演説、最大の注目点は?

2019年02月05日(火)15時00分
トランプの一般教書演説、最大の注目点は?

トランプが現状の「ステイト・オブ・ユニオン(国の団結)」をどう表現するか注目される Win McNamee-REUTERS 

<恒例の「The state of the union is strong.(国家の団結は強固だ)」の決めゼリフを、トランプは言い切るのか、それとも否定するのか......>

アメリカ東部時間の2月5日(火)の晩、トランプ大統領は米議会下院議場で「一般教書演説」を行います。この演説、本来は1月29日に行われる予定でした。ですが、大統領と議会が「国境の壁」建設費用50億ドル(約5500億円)の予算をめぐって正面衝突して予算が成立せず、「政府閉鎖」という事態になったことから、演説は宙に浮いた格好になっていました。

この間、発生していたのは次のような事態です。政府が閉鎖されたために、政府職員に給料が出ないのですが、そのために資金繰りに困った職員の多くは、アルバイトで日銭を稼ぐために病欠を取り始めたのでした。

閉鎖期間が長期化する中では、国境警備、国税庁、航空管制、空港保安検査などで大きな影響が出ました。ホワイトハウスの厨房要員がいないので、大統領がゲストに対してマックのバーガーを振る舞ったという珍妙なエピソードもあるぐらいです。

とにかくこの一般教書演説というのは、全米の主要チャンネルは全部生放送しますし、目立ちたがりの大統領としては「絶対にやりたい」という意向を示していました。ところが、民主党のペロシ下院議長は「議場の警備要員も欠勤気味なので不可能」と通告。演説をやりたい大統領に揺さぶりをかけたのです。

結果的に、予算に関しては3週間の暫定予算を組むことで大統領と議会の間では合意ができ、「政府閉鎖」はとりあえず解除されました。その暫定合意ですが、国境の「壁」建設費はゼロ査定となっており、大統領は議会に屈服した格好です。

その下院本会議議場に乗り込み、政敵であるペロシ下院議長の議事進行によって「一般教書演説」をやるというわけですから、トランプとしてはここで、何とか「トランプ節」を高らかに語って、全国の視聴者に「さすが」と言わせたいのでしょう。

では、大統領は一体何を言うつもりなのでしょう?

一つ、周辺から漏れて来ているのは「国境の壁」に関して爆弾宣言をするという説です。つまり大統領は「非常事態宣言」を行なって、大統領権限で巨額な予算を一方的に決めて「壁の建設」に突き進むという説です。

ですが、この方法には無理があると言われています。一つは、そもそも非常事態があるのかという問題です。大統領は「不法移民が入り続けているので、国内に非常事態がある」という主張をしていますが、議会や世論の多くは「国境の南側で、暴力や貧困などの非常事態があるので、難民申請に来る人がいる」という認識をしています。ですから、大統領が一方的に「非常事態」だとしても、賛成するのはコアの支持者だけになる可能性があるのです。

もう一つは、その財源が「災害対策費」になる点です。そのカネを勝手に使ってしまい、その後で、ハリケーンや豪雨災害が起きて「対策費が足りない」ということになったら、国民は激怒するでしょう。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!