コラム

米軍がアフガン駐留を続けざるを得ない事情

2015年10月20日(火)16時15分
米軍がアフガン駐留を続けざるを得ない事情

目的も勝利の可能性も見えなくなる中で、駐留米軍の士気は低下している Lucas Jackson-REUTERS

 先週会見したオバマ大統領は、2016年以降も、つまり17年に次期大統領が就任した後も、アフガニスタンへの米軍の駐留を5500人程度の規模で継続すると発表しました。

 イラク戦争と同じように、自分の任期中に米軍の完全撤退を実現すると約束していたオバマ大統領としては、挫折をした格好です。そうは言っても、政治的なダメージは大きくはないでしょう。

 まず、現在進行形の民主党の大統領候補予備選では、本命視されているヒラリー候補も、左派のサンダース候補も「イラク戦争は誤りだが、アフガン戦争は正しい」という立場ですから、いずれも大統領の判断とは矛盾しません。

 また、共和党の右派からも早速反応が出ており、基本的には支持するという姿勢です。例えば、大統領選へ向けた予備選で「タカ派パフォーマンス」で支持率をジリジリと上げているカーリー・フィオリーナ候補は「テロ防止のために米軍が屈服しないというのは正しい」という理由で駐留延長を支持していました。

 今回の駐留継続の背景として、公式には「タリバンの勢力が再度活発化しており、このままでは首都カブールが陥落してしまう」という懸念があり、これに加えて「タリバンだけでなく、ISIL勢力もアフガニスタンに入ってきており、このままでは再びテロリストの温床になってしまう」という指摘がされています。そうした事態を防止するために、米軍の撤退は難しいというのです。

 それでは逆に、5500人規模の兵力を継続して投入すれば、アフガンではタリバンとISILを圧倒して、米軍がサポートする中でカブールの政府軍による全国支配が可能になるのでしょうか?

 おそらく不可能でしょう。アフガニスタンでは今月で開戦から丸14年になりますが、戦争の特に後半は、米軍と政府軍としては「タリバンが強大化すれば敵対」しながらも、「無害化の兆候があれば和平も」という2つの方針の間で揺れながら、ジワジワとタリバンの勢力伸長を許してきたわけです。その状況をひっくり返すには、5500人では足りないでしょう。

 では、その不足を補うために再びNATOなどの有志連合が組織されて、戦闘を激化させる可能性があるのでしょうか? そして集団的自衛権を認めて関連法を成立させた日本の自衛隊が、危険な前線へと投入される可能性はどうなのでしょう?

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

ボリビア大統領辞任、ベネズエラなどに強いシグナル=

ビジネス

英保守党、選挙勝利なら即座に中銀新総裁を指名へ─財

ビジネス

効果的経済対策取りまとめたい、ワイズスペンディング

ワールド

ウクライナ疑惑、米下院が新たな証言記録を公開

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 2

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 3

    自殺大国の韓国で生前葬が大人気、2万5000人以上が「死」を体験

  • 4

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 5

    それでも僕らがトランプを支持する理由

  • 6

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 7

    国連制裁決議にも従わず......北朝鮮とウガンダのデ…

  • 8

    英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で…

  • 9

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 10

    香港デモ、警官発砲で1人重体か 全土に混乱広がる

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 9

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 10

    北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!