コラム

見方の分かれるアメリカのエジプト政変報道、その背景にある不安とは?

2011年02月02日(水)11時18分

 エジプトの情勢は、思ったよりはスローな展開になっています。軍の出動により一部では死傷者も出ていますが、大規模な流血が拡大しているわけではありません。一方で、軍のかなりの部分はデモ隊に理解を示しているようですが、かといって軍の相当な勢力がデモ隊に合流して政権に大砲を向けているというわけでもありません。そんな中、火曜日の1日には「100万人デモ」への結集が呼びかけられる中、ムバラク大統領はテレビ演説で「9月の大統領選には出馬しない」という声明を出しています。

 ここまでの情勢ですが、まずアメリカのオバマ政権は国務省主導で必死にムバラク大統領を説得した形跡があります。ムバラク大統領が「再出馬はしない」と述べた直後に、オバマ大統領自身が「政権移行は非暴力的でなくてはならない。そして直ちに開始されなくてはならない」という強めのメッセージを同じようにテレビ会見で発信していますが、そのタイミングを見ても、水面下で相当なやりとりがあったことは推測されます。エジプトという大国、しかも中東の政治地図における重要な基盤となる国家の帰趨について、アメリカ政府としては非常に気を使っているというのは当然といえば当然ですが、オバマ自身がTVに出てくるというのはやはり相当なことです。

 では、そのアメリカでエジプト情勢はどう報道されているのでしょうか? 奇妙なのはそこに分裂が見られるという点です。まず、CNN、FOXニュース、MSNBCといった「ニュース専門のケーブル局」のトーンは共通しています。保守もリベラルも合わせて眉間にシワを寄せて「大変だ」というムードで一貫しているのです。「大変だ」というのは「更に流血が起きるかもしれない」というニュアンスであり、同時に「ムバラク失脚は時間の問題」という切迫感であり、「中東全体が大激震」という危機感もそこには感じられます。

 一方で、新聞は非常に詳細な記事を連日載せていますが、かなり冷静です。「求心力を持った指導者はいないので、過去の色々な国での政変劇とは違う」(トレントンタイムスに転載されたワシントン・ポストの記事)、「病院では軍や警察の発砲で負傷した人々の治療に必死、そこには怒りと共に冷静さも」(ウォール・ストリート・ジャーナル)、「郊外のスーパーでは大行列、社会の混乱広がる」(ニューヨーク・タイムズ、カラー写真は生活水準の高さを示すもの)といったトーンで、ニュース専門局の「大変だ」というムードとはかなり違います。

 更に落ち着いた報道をしているのが、3大ネットワークの、特にNBCとCBSです。NBCは、週末の時点では戦争報道のプロ中のプロでアラビア語にも堪能なリチャード・アングル記者を派遣してレポートさせていましたが、彼はどんどんデモ隊の中に入っていって対話をしていました。また、アングル記者とそのスタッフの取材の結果、現地情勢に落ち着きが見て取れると、週明けからはメインキャスター(論説主幹格)のブライアン・ウィリアムスが直接乗り込んでレポートしています。

 更に徹底しているのはCBSで、こちらも「イブニングニュース」の大物アンカーパーソンであるケイティ・コリックを派遣、コリックもデモ隊への直接取材をしています。彼女のコメントも「確かにリーダーは不在ですが、統制は取れています。とにかく、デモが通り過ぎた後には市民の自主的な清掃部隊がゴミも拾っているんですから」というトーンで極めて冷静です。CBSは更に、原理主義団体の「ムスリム同胞団」の大きな拠点であるとされるアレクサンドリア市にも女性記者のララ・ローガンを派遣しています。ローガンもデモ隊への直接取材を行っていますが、OAされたコメントは「俺達は経済を破壊するようなことはしないよ。ムバラクに出ていってもらって国を変えたいだけなんだ」というもので、こちらも非常に冷静です。

 NBCやCBSが冷静なトーンなのは、メインキャスター以下多くのスタッフを現場に入れているからのようですが、考えてみれば新聞もほとんどの記事が記者が現場に入って取材しているわけで、ワシントンのスタジオで「偉い政治評論家」を集めて「大変だ」と騒いでいるCNNやFOXの方が異常なのかもしれません。では、彼等の恐れているのは本当は何なのでしょうか? 「中東での大激震」というのは、何なのでしょう? それは「エジプトのイラン化」です。彼等はまだイラン革命によって親米国家のイランが反米に転じたこと、その後の外交の失敗でカーター政権が崩壊したことをまだ悪夢として記憶しているのです。

 その点では、月曜日にちょうど、カーター政権の補佐官だったズビグネフ・ブレジンスキーが、TVキャスターである娘さんのミカさんの番組で大演説をぶっていたのが印象的でした。「エジプトは大国なんです。貧富の格差はあるが、分厚い中間層があり、穏やかなライフスタイルがあり、社会システムも整っているんです。エジプトは、何があっても決してパキスタンにはならないし、イランにもならないしなってはいけない」「エジプト、イラン、トルコの3カ国は中東の要です。この3国が安定することで、中東和平が先へ進むんです・・・」82歳という年齢を感じさせない迫力がそこにはありました。

 アメリカの悪夢というのは、イラン革命の流れの中で起きた、過激派学生によるテヘランのアメリカ大使館占拠事件に他なりません。人質奪還に悩むカーターに、ブレジンスキーは「特殊部隊の突入による救出」を進言、この作戦の失敗によってカーターは1980年の選挙でレーガンに敗北したのでした。その際には戦犯のように叩かれたブレジンスキーが、31年後にエジプトの政変に対して「冷静に」と言っているのは象徴的です。もしかすると、現場に乗り込んでいって「冷静なレポート」を続けているウィリアムスやコリックも、心のどこかで「この問題が最悪の結果になると、オバマ政権が吹っ飛ぶかもしれない」という不安を抱いているのかもしれません。そうならないために、「みなさん冷静に」と言い続けている、そんな印象もあります。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

英BP、第2四半期は減損で過去最大の赤字 10年ぶ

ビジネス

ECBは景気支援にコミット、見通しは不確実=レーン

ワールド

米国の目的はティックトックの禁止=バイトダンス創業

ワールド

中国の上期の米国産エネルギー輸入、目標の5%どまり

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み込んだ自動拳銃「白頭山」

  • 3

    米国の新型コロナ感染、異常に拡大し新段階に=トランプ政権コロナ対策顧問

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』は何の本…

  • 6

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 7

    韓国・植物園の「客寄せ」だった土下座像が象徴する…

  • 8

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 9

    全米各地のコロナウイルス検査に滞り 「高度な自動化…

  • 10

    欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」の…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 7

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 10

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!