コラム

久しぶりのトランプ選挙「醜会」で分かったこと

2020年06月24日(水)17時00分
久しぶりのトランプ選挙「醜会」で分かったこと

安心してください、トランプはマスクを着けて……いない! Leah Millis-REUTERS

<3カ月ぶりに開催した選挙集会でも、嘘と個人攻撃と自慢話ばかりだったトランプ大統領>

「Good morning, Mr. President、新型コロナウイルス関連の報告です。230万人以上が感染し、12万人以上が亡くなっている今でも、全米の感染者数も死亡者数もまだ右肩あがりです。特に、都会部が落ち着いてきているところ、田舎で感染拡大が目立っています。例えばオクラホマ州だと、1日当たりの平均新規感染者数はこの3週間で5倍も跳ね上がっているのです。どう対応しましょうか?」

「分かった! 何千ものオクラホマ人を密閉空間に密集させ、近距離で大声を出し合ってもらおう!」

「ええと......マスクは?」

「着けるもんか!」
 
「あ、はい。しかし、大統領、タイミングが微妙ですね。ジョージ・フロイドやブリオナ・テイラー、レイシャード・ブルックスなど、丸腰の黒人が警察に殺害される事件が相次ぎ、抗議デモは今も続いています。そんなときに、大勢の白人が楽しそうにワイワイするような集会を開けば無神経だと批判されかねません。やるなら、特に日時と場所を慎重に選ばないといけません。例えば、奴隷解放を祝う6月19日はJuneteenthといって、黒人にとってとても大切な日だし、オクラホマ州にはアメリカ史上最悪の黒人大虐殺の現場となったタルサ市があります。例えば、その日にそこでやってしまったら......。」

「絶対に盛り上がる! よっし、決定だ!」

「え? あっ......。ん。」

妄想にすぎないが、110日ぶりに行われたトランプの選挙集会の企画会議はきっとこんな話だっただろう。結果を見れば、そう推測されて当然だ。一番やってはいけないことを一番やってはいけないところで、一番やってはいけないタイミングでやることにしたから。結局、集会予定の発表後に反発が来て、「黒人の友達からアドバイスを受けて」という口実で開催日を1日後ろにずらしたけど。

もちろん、トランプ1人のせいではない。おそらく空想の「黒人の友達」以外にも実存のアドバイザーやスピーチライターがついているのに、合同作業で作り上げたものが「チーム鈍感力」の傑作だった。「配慮」のつもりなのか、なぜか以下のような案も通ってしまったのだ。

<参考記事:解任されたボルトンがトランプに反撃 暴露本の破壊力は大統領選を左右する?

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

ECB、FRB型の新物価戦略採用すべき=フィンラン

ビジネス

新型コロナワクチンで経済急加速との判断は時期尚早=

ワールド

EU、モデルナと新型コロナワクチン供給契約 最大1

ビジネス

コロナ再拡大、経済や金融の安定確保が何より重要=日

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!