コラム

アマゾンEcho、Google Home、アップルHomePodを日常で使ってみた

2018年03月07日(水)16時30分

ただし、「起動ワード」もしくは「ウェイクワード」というこの呼びかけには、製品によって言いやすいものと、やや言いにくいものがある。筆者が、アマゾンのEcho、グーグルのGoogle Home、アップルのHomePod(日本未発売で英語のみに対応)という代表的な3種のスマートスピーカーを日常的に利用して比較したところでは、それぞれ「アレクサ」、「オーケー・グーグル」、「ヘイ・シリ」という起動ワードの中で、最も呼びかけやすかったのは、一言で済む「アレクサ」だった。

1日に何度も呼びかけるので、この言いやすさは重要なのだが、反面、Echoへの呼びかけでなく日常会話の中でAIアシスタントとしてのAlexaに言及する場合にも反応して「よくわかりません」などと返答してくるので、実害はないものの、鬱陶しい面もある。

その点、Google HomeやHomePodは、単純に話の中で「グーグル」や「シリ」という単語が出てきても、それだけでは反応しないため、安心して(?)会話をすることができる。

今後、AIアシスタントがもっと賢くなれば、起動ワードなしに、質問が自分に対して発せられたかどうかを自動で判断して応答するようなことも可能となっていくだろう。

Home Podは最もAIと会話している気分になれる

また、アマゾンのEchoやGoogle Homeは、機能拡張の方法として、「スキル」や「アクション」と呼ばれる、従来のアプリに相当するサービスを登録したり、呼び出したりする方法を採っている。しかし、スキル名やアクション名を覚えて、たとえば、銀行口座の残高を調べる場合でも「アレクサ、みずほ銀行を開いて」のように銀行のスキルを呼び出してから残高を訊く必要があり、個人的にはあまり利用していない。

それよりも、現段階では簡単に呼び出せる基本機能に絞って利用するほうが、ストレスもなく便利に使えると感じている。この点で、まだ実際に行えることは少ないが、アップルは、サービスを指定しなくても、したいことを告げるだけで処理できる環境を目指しているものと考えられ、(今のHome Podでは英語でのやり取りになってしまうが)、この製品が、最もAIと会話している気分になれるという点は指摘しておきたい。

「今日はどんな日?」

ちなみに筆者がよく使うのはGoogle Homeに対して「今日はどんな日?」と訊くことであり、これだけで、自宅付近の気温や天気の予報を読み上げて、NHKや日経のラジオニュースを流してくれる。料理中のタイマー機能も重宝するし、音楽サービスのSpotifyを無料アカウントでBGM代わりに利用したり、EchoならばPrime Musicを会費だけで利用できる。

Echoは、アマゾンに対して声で商品発注ができる点もセールスポイントだが、色々と比較して買うのではなく、いつも買っている日常品を補充するような用途に向いている。

スマートホームの実現

また、家電や照明のコントロールを声で行うスマートホームの実現もスマートスピーカーを入手したら試してみたいことの一つに違いない。筆者はそのために新しい家電を買うのではなく、スマートスピーカー対応のスマートコンセントや赤外線リモコンを利用して、すでにある製品を声で操作できるようにすることから着手した。

多少、個々のデバイスに関するリテラシーや試行錯誤が必要だったため、そういうことが苦手ならば、回り道をせずに対応家電を購入したほうが良いが、主照明やテレビ、エアコン、ヒーター、加湿器のオン/オフは、すべて声で行える環境を整えることができた。

プロフィール

大谷和利

テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

ニュース速報

ワールド

ブレグジット合意、現状では支持できず=北アイルラン

ビジネス

日経平均は小反落、薄商いで方向感に欠ける展開

ワールド

欧州都市部の大気汚染で2016年に40万人が早死に

ビジネス

ドル108円後半、ユーロ/円が2カ月半ぶり高値

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 8

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!