コラム

スマートスピーカーとスフィロ社「スパイダーマン」が拓く未来

2017年07月03日(月)18時30分
スマートスピーカーとスフィロ社「スパイダーマン」が拓く未来

Sphero Spiderman review: Interactive toy brings superhero to life:PC Advisor-Youtube

<Amazon Echoが先行するスマートスピーカー市場に、グーグルなどもこの流れに追従し、かつてのスマートフォンの黎明期のような活況を呈しそうな勢いだ。さらに、トイメーカーが、キャラクター性を持たせた製品を発売してきた>

外国からの観光客が日本に来て驚くことの1つに、色々なものが話しかけてくるということがある。たとえば、自動販売機や信号機、風呂、炊飯器、果てはトイレまでが、現状を告げてくるわけだ。

しかし、そんな驚きも、少なくとも英語圏、特にアメリカ人にとっては過去のものとなりつつある。それは、スマートスピーカーと呼ばれる、小型スピーカー型のAI(人工知能)応答システムが、大ヒットを記録しているからだ。

先に挙げた機器のおしゃべりが一方通行で、決まった文言しか再生できない単純なものであるのに対し、スマートスピーカーはユーザーの問いかけに対して、天気から株価、交通情報などまでを答えてくれたり、照明や家電製品のコントロールを声のみで行える。

アマゾンEchoとGoogle Home

現在、市場の約7割を占めるアマゾンのEchoという製品は、2014年の試験販売に続いて、2015年から一般販売が始まり、2016年のクリスマスには品切れになるほどの人気商品となった。

すでにスマートフォンの検索機能などでAIベースの応答システムを実用化していたグーグルもこの流れに追従して、Google Homeという製品を発売している。さらに、マイクロソフトやアップル、ラインなども、それぞれInvoke(発売元はオーディオメーカーのハーマン・カードン)、HomePod、Waveという製品によって、年内にはスマートスピーカー市場に参入することを発表しており、かつてのスマートフォンの黎明期のような活況を呈しそうな勢いだ。

先行しているアマゾンは、すでにカメラ機能やタッチスクリーンを搭載する上位モデルも発売しているが、他社を含めて基本的にはディスプレイなどは内蔵せず、あくまでも音声のみで情報のやりとりを行うところに特徴がある。

一見、画面がないと不自由に思えるかもしれないが、実はその点がこのカテゴリーの製品の最大の特徴であり、メリットなのだ。というのは、AIベースの応答システムは、すでにアップルのSiriやグーグルのGoogle Assistantによって消費者にとって馴染みのある存在となってはいるものの、実際にはスマートフォンに向かって話しかけることに気恥ずかしさを覚えたり、同じ操作や処理を普段から慣れている文字入力やボタン操作によって行なってしまうユーザーも多い。そのため、期待されたほど活用されていない傾向が見られる。



ところが、最初から音声インターフェースしかなければ、人々は積極的にそれを使うようになることをアマゾンのEchoが証明した。1つには、同製品がアマゾンのオンラインショップと直結していて、声で注文ができるという点も興味をひいたものと考えられるが、購入後は製品の注文よりも、日常的な情報の取得や声による音楽再生などに使われる割合のほうが多いとの調査結果もある。

プロフィール

大谷和利

テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

ニュース速報

ビジネス

焦点:米金融規制の緩和法案可決、さらなる緩和はある

ビジネス

需給維持に緩和継続が重要、効果強まれば色々考える=

ビジネス

トヨタ、燃料電池と水素タンクの国内生産拡大 20年

ビジネス

NY連銀総裁、LIBORに代わる指標金利への迅速な

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 2

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 3

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 6

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 7

    トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

  • 8

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 9

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 4

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 5

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 6

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 7

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 8

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 9

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 10

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 10

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!