コラム

映画「カーズ」をリアルに再現するスフィロ社の LIGHTNING McQUEEN

2017年06月06日(火)18時00分
映画「カーズ」をリアルに再現するスフィロ社の LIGHTNING McQUEEN

Lightning McQueen photo/bryan rowe

<映画「カーズ」の主人公がそのまま飛び出してきたかのようなSphero社のカー・トイは、一見、よくできたラジコンカーに見えるが、実際には過去に例を見ないほどのテクノロジーが詰め込まれているロボティック・カー・トイだ>

LIGHTNING McQUEENといえば、ディズニー/ピクサーの映画「カーズ」の主人公で、人格を持ったレースカーとして描かれるキャラクターだ。

大ヒット映画の人気者だけあって、これまでにも数々のオモチャが作られてはきたが、それらはMcQUEENの外観を再現することが主眼で、本当の意味で彼の個性が感じられるような製品ではなかった。

ただし、それは、ある意味で仕方ないことともいえた。映画の中のMcQUEENは、コンピュータグラフィックスを駆使して、まるで生き物のように表情を変え、車体の動きによって感情まで表現されている。これを物理的なオモチャで実現するのは、至難の技と思えたからだ。

映画の主人公がそのまま飛び出してきた

ところが、このほど登場したスフィロ社のLIGHTNING McQUEENは、ディズニー/ピクサーの全面協力の下、映画のクリエイティブ・ディレクターによる表情や動きの監修も受けて、まるで映画の主人公がそのまま飛び出してきたかのような製品に仕上がっている。一瞥しただけでも、よくできたラジコンカーに見えるが、実際には過去に例を見ないほどのテクノロジーが詰め込まれている。

すなわち、ウィンドシールド(フロントウィンドウ)には専用開発された台形のLCDスクリーンが組み込まれてリアルタイム生成の目のアニメーションが表示され、ラジエーターグリル代わりの口も、映画などで恐竜の動きなどを再現するアニマトロニクス技術によっておしゃべりすることができる。

車の皮を被ったロボット

また、車体をゆすったり傾けたりするためのモーターが駆動用と併せて計6個、ユーザーが触れると反応するタッチパネルがエンジンフードやルーフなどに計5個、そしてMcQUEENの声やエンジン音を高音質で再生するスピーカーシステムとライト類を自動点灯させる光センサーが、それぞれ組み込まれており、まさに車の皮を被ったロボットというべきだ。

【参考記事】スター・ウォーズの球形ロボトイも作ったスフィロ社の教育向けロボット

走りも滑らかそのもので、車体の向きにかかわらず、プレーヤーは自分が向いている方向を常に前と考えてスマートフォンからコントロールできるため、初心者でも簡単に操縦できる。

日本では6月23日から販売が開始され、価格は38.380円(税別)とやや高めだが、McQUEENの実車が家にやってくると考えれば十分納得できる対価かもしれない。


Ultimate Lightning McQueen by Sphero

プロフィール

大谷和利

テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

ニュース速報

ワールド

サウジ、原油市場安定へ協力を支持 動揺の原因はロシ

ビジネス

消費税、全世代社会保障構築にどうしても必要な財源=

ワールド

韓国議会の選挙運動始まる、新型コロナ対策が大統領に

ワールド

マレーシア医療手袋大手、世界的な「コロナ需要」で深

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 7

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 8

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    安倍首相「全世帯に布マスク配布、邦人含む全入国者に…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!