コラム

アマゾンEcho、Google Home、アップルHomePodを日常で使ってみた

2018年03月07日(水)16時30分

「モバイルファースト」から「AIファースト」へ

スマートスピーカーは、まだ万能でもないし、その限られた機能の範囲内でも完全なものとはいえない。単体ではセットアップできず、必ずスマートフォンやタブレットのアプリが必要になる点も、それだけでは製品として完結していないことを示している。

それでも筆者は、家庭に1台は導入して、天気でもニュースでも音楽でも、声で呼び出して聴いてみることをお勧めする。そうすれば、AIが案外ものを知らなかったり、あるいは逆に結構気が利いていたりする部分に気付くことだろう。そのようにして、AIを過度に崇めたり、逆に恐れたりすることなく、それが身近に存在する生活に慣れていくことができる。

Google Home Miniならば、時々行われるセールで3000円で販売されることもあり、さほど負担なく導入できることも理由の1つだが、もはや世界は「モバイルファースト」から「AIファースト」へと移行しつつあり、VUIを使いこなせない企業は、特にコンシューマーの囲い込みにおいて大きなハンディを背負うことになる。

たとえ完璧ではなくとも、今そこにある未来を感じておくことは、とても重要といえるのだ。


プロフィール

大谷和利

テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

  • 10

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 5

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 9

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 10

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!