コラム

コロナ禍にみる、今年だけのNYクリスマス物語

2020年12月17日(木)17時40分
コロナ禍にみる、今年だけのNYクリスマス物語

大江氏の自宅に殺菌スプレーを1本吹き掛けてから運び込まれたツリー SENRI OE

<クリスマスと言えばNYの風物詩だが、コロナ禍の今、ニューヨーカーはどう過ごしている? 大江千里氏が描く今年だけのホリデーストーリー>

11 月末の感謝祭を過ぎると、例年のニューヨークは一気にホリデーモードに突入し、浮足立った音と光が街中を覆う。だが今年はコロナ禍で、ブロードウェイやメトロポリタン・オペラもない。今回は2020年にしか見られない、素顔のニューヨークを描いてみようと思う。

今、コビッド(COVID-19)は隣にいる。街を歩く人たちはマスクをずらさず、これが命を救う鎧(よろい)だという認識が浸透している。一方で全くしない人も20人に1人ほどいる。ブルックリンの中でも僕が住んでいる地区は多様な人種が混在しているが、戒律の厳しいユダヤ人はマスクを一切しない。

街には「感染者」に数えられないコビッドたちがあふれている。病院に行くと、医療従事者がマスクの上にフェイスガードをダブルでしている。あ、また患者が増えた。眼鏡店や医療クリニック、薬局では無料のPCR検査が行われ、長蛇の列ができている。

コロナ禍での行政によるサービスは、ホームレスにも行き届いたようだ。地下鉄ではボロを着て缶を持ったホームレスが「プリーズ、ヘルプミー」と今にも倒れそうにしているが、僕はその人が5Gの新しいiPhone12を手元でチェックしているのを見た。

わが家から駅までの道端に寝ぐらを作って占拠していたホームレスたちは、一斉にいなくなった。彼らはラジカセを爆音にしたり、銀行やバーガーショップに入る人にドアを開閉して金を要求したりしていた。それが、近くに球場のスタンドのような照明が設置され、一晩中、全てが照らし出されるようになった。

コロナ禍では、人々の人間性も丸裸にされる。道路で渋滞が起きると、ストレスを解消するかのようにクラクションの音が炸裂する。わが家の窓の外では、40歳前後の小ぎれいな格好をした男性がブツブツ言いながら行ったり来たりしている。

突然キレて大声を上げ暴れるかと思えば、ストレッチを始めるなど、なんとも恐ろしい。洋服のコーディネートは毎日変わり、スニーカーの白のまばゆいこと。地下鉄でこの手の人が来ると僕は別の車両に乗る。いつ銃を出し乱射するとも限らないから。

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『ブルックリンでジャズを耕す――52 歳から始めるひとりビジネス』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

ニュース速報

ワールド

米軍などが駐留するイラクの空軍基地に複数のロケット

ワールド

米、日豪印とアジアのワクチン戦略策定 中国に対抗=

ワールド

ロシア、米国の制裁に報復へ=外務省報道官

ビジネス

ZOZO創業者の前澤氏、民間人月旅行の同乗者を8人

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 4

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 8

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 9

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 10

    「庶民派」菅首相を突き刺した、家族スキャンダルの…

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 10

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!