注目のキーワード

コラム

私は油断していた......「ずっと寝たきり」を警告された新型コロナ感染者の後遺症体験記

2022年05月02日(月)09時23分
後遺症

今も重症化に苦しむ患者は世界中に多くいる(米オハイオ州、今年1月)Shannon Stapleton-REUTERS

<ロシアのウクライナ侵攻で新型コロナのパンデミックは忘れられ、「弱毒化」の情報から妙な安心感が広がっている。だが、この感染症は決して「ただの風邪」ではない。感染後2カ月経ってなお後遺症が残る記者の体験記>

ウクライナ侵略や知床遊覧船の事故が紙面やタイムラインを埋めるようになってからというもの、すっかりコロナのニュースが霞んでしまった。別にウイルスが消えたわけでもないのに、コロナが収束しつつあるような錯覚すら覚える。実際、パンデミックが始まって以降、東京は3年ぶりに行動制限なしのゴールデンウィークを過ごすことになった。都内の感染者数は相変わらず数千人単位なのだが、それも見慣れてしまった。こうして世の中が「ウィズコロナ」へと舵を切りつつあるなか、私はコロナに感染した。感染から2カ月経った現在も、後遺症が残っている状態だ。

誰かの役に立つかもしれないので、私の感染経験を、時系列に沿って説明してみたい。というのも、感染者の体験談はネット上たくさん転がっているようでいて、意外なほど少ないのだ。そのなかで参考になったのは、共同通信記者によるこちらの記事。多くのブログ記事やツイッターの投稿は、情報として断片的すぎるものや主観が強すぎるものが目立ち、参考にしづらい。特に、感染者の年齢や性別、居住地、感染時期といった肝心な情報が抜け落ちていることが多いのだ。

はじめに断っておくが、私には医学的知識はない。これから記述することは、私個人が経験して感じた体験談に過ぎず、すべては「個人の感想です」という内容だ。私は東京都新宿区在住の40歳男性で、職業はライター。173センチ62キロ。持病はなく、普段から筋トレやジョギングなど適度な運動を心がけており、健康維持には人並み以上に気をつけていた。

身体に異変を感じ始めたのは、2月26日の夜。喉に何かが突っかかるような違和感があり、嫌な予感がした。そういえば、この3日前に仕事がひと段落して心身の緊張が解け、注意力が散漫になっていた。こういう時は体調を崩さないよう気をつけねばと思っていたのに、まんまとやられてしまった。

感染源として思い当たったのは、2月22日に知人に会合に誘われ、1時間半ほど顔を出してしまったこと。都内はまん延防止期間中だったが、営業している居酒屋や飲み歩いている人は少なくなかった。だが、同じ場面でコロナに感染したのは私だけで、他の人々は大丈夫だった。感染源として疑わしいとは思いつつも、いまだに確証はない。

異変を感じた2日後の28日夜には、仕事関係者との会合があった。当日も多少だるい感じがしたものの、キャンセルするほどではないと思い、参加してしまった。今思うと、この選択が悔やまれる。

プロフィール

西谷 格

(にしたに・ただす)
ライター。1981年、神奈川県生まれ。早稲田大学社会科学部卒。地方紙「新潟日報」記者を経てフリーランスとして活動。2009年に上海に移住、2015年まで現地から中国の現状をレポートした。著書に『ルポ 中国「潜入バイト」日記』 (小学館新書)、『ルポ デジタルチャイナ体験記』(PHP新書)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英GDP、6月は予想上回る前月比0.6%減 景気後

ワールド

来夏以降の電力安定供給のため、さらなる原発再稼働は

ビジネス

日野とトヨタを米国運送業者が提訴、トラック不正で損

ワールド

東京都で2万0401人の新型コロナ感染確認、30人

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中