コラム

出演者がみずから歌う韓国ドラマソングの美学 ポイントは「オーソドックスなアレンジ」

2024年06月13日(木)19時35分
 

この春、韓国で話題を集めたドラマ『ソンジェ背負って走れ』は主人公がロックバンドのボーカルという設定 -
tvN / YouTube

 

<K-POPのヒットチャートに登場した見知らぬアーティストの正体は?>

MelOnチャートTOP100韓国における大衆音楽とテレビドラマの関係は他の国よりも密接である。先日もK-POPのヒットチャートのベスト10のなかにECLIPSEの名前を見つけたときにあらためてそう思った。

ECLIPSEとは今春放送されたドラマ『ソンジェ背負って走れ』に登場する劇中バンドで、実際に活動しているわけではない。しかしながら同作品のヒットによってオリジナルサウンドトラック(OST)も注目を集め、数々の挿入歌がチャートの上位へ。そのうちのひとつがECLIPSE名義の曲というわけだ。

このようにドラマに登場する人物が歌う関連曲にスポットライトが当たるパターンは、韓国ではかなり多い。その始まりを特定するのは困難ではあるものの、成功例が目立ってきたのは2000年代に入ったあたりからで、日本の韓流ファンであれば『美しき日々』(2001年/日本初放送は2003年)でリュ・シウォンが演じた覆面シンガー・ZEROを真っ先に思い出すに違いない。

ソロアーティストではなくバンドの成功例では、やはり『美男〈イケメン〉ですね』(2009年)が最初だろうか。劇中に登場する4人組のA.N.JELLは、主演のチャン・グンソクとパク・シネに加え、FTISLAND のイ・ホンギやCNBLUEのジョン・ヨンファといった実在するバンドのメンバーも参加。ドラマが大ヒットしたおかげで、リアルにライブをするほどの人気を集めている。


『美男〈イケメン〉ですね』で主役を演じたチャン・グンソクとパク・シネはドラマのOST以外でもオリジナル曲を発表、ファンミーティングなどで披露している。 SBS Drama/ YouTube


主な出演者がシンガーでテーマソングも担当した『ドリームハイ』(2011年)もこの方面での重要な作品だと言えよう。スターを夢見る若者の葛藤や成長を描いた学園ドラマということで、当時ブレイク中のアイドルたちが多数参加して大きな話題となった。当然のごとくOSTは夢と希望にあふれるポジティブなナンバーばかり。テギョン(2PM)やペ・スジ(当時はmiss Aに在籍する歌手)、IUといった人気者たちのフレッシュで伸びやかなボーカルが存分に楽しめる。

K-POPとドラマの蜜月で大ヒットした『応答せよ1997』

K-POPとドラマの蜜月度の高さで1、2を争うのは『応答せよ1997』(2012年)だ。90年代後半に一世を風靡した2大ボーイズグループ=H.O.T.とSECHSKIES。両グループを応援する女子高校生を中心に物語が進むため、劇中に流れるBGMも当時のK-POPが中心に。OST盤も懐かしのK-POPが大半を占める。主演したチョン・ウンジとソ・イングクが歌った挿入歌がヒット。おかげでウンジとともに彼女が所属するガールズグループ・Apinkも人気が上がった。


『応答せよ1997』主演のソ・イングクは音楽オーディション番組「スーパースターK」で優勝したことをきっかけに歌手として芸能界デビューしており、このドラマは俳優としては2作目の作品だった。ほかの主要登場人物の多くも俳優以外の者が多く、放送開始前は酷評一色だった。 Stone Music Entertainment / YouTube

プロフィール

まつもとたくお

音楽ライター。ニックネームはK-POP番長。2000年に執筆活動を始め、数々の専門誌・ウェブメディアに寄稿。2012年にはK-POP専門レーベル〈バンチョーレコード〉を立ち上げ、イ・ハンチョルやソヒといった実力派を紹介した。現在は『韓流ぴあ』『ジャズ批評』『ハングルッ! ナビ』などで連載。LOVE FMLuckyFM楽天ポッドキャストの番組に出演中。著書は『K-POPはいつも壁をのりこえてきたし、名曲がわたしたちに力をくれた』(イースト・プレス)ほか。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ、戦時初の増税案提出 防衛費拡大で財源確

ワールド

トランプ氏、暗殺未遂語るのは「つら過ぎる」 指名受

ワールド

原油先物は下落、センチメント弱く 2週続落の見通し

ビジネス

ANA社長「円安は成長チャンス」、ミラノなど3都市
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 3
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 4
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 5
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    トランプ暗殺未遂後の包帯姿を嘲笑したスターウォー…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story