Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2015.7.27号(7/22発売)

特集:イランと世界秩序

2015年7月27日号(7/22発売)

Cover Story

長年対立を続けてきたイランとアメリカが核問題で合意
歴史的決断は中東と世界の秩序をどう変えるのか

国際政治 イラン核合意の地政学リスク
■視点 リスクを冒す価値ある核合意という賭け
影響 中東の宗派戦争は激化する
選択 大義を捨てたイラン国民こそ真の英雄だ

「新国立」問題、迷走の本質

五輪 猪瀬・前東京都知事が語る新国立競技場騒動の根底にあるもの
【PERISCOPE】
InternationaList
GREECE 緊縮法案可決で国民に怒りと無力感
CHINA 突然の「弁護士狩り」と株価騒動の関係
YEMEN アデン奪還でイエメンに平和が戻る日
RUSSIA 制裁効果? ロシアで貧困率が急上昇
BRITAIN ロンドンの街並みを醜悪高層ビルが破壊
MEXICO 麻薬王の脱獄で政府の面目丸つぶれ
FRANCE スモッグにかすむ大気汚染の都パリ
JAPAN 上げ潮の波に日本も乗り遅れるな
JAPAN 「安保法案」若者を見守る裏方の夏
Asia
NORTH KOREA 飢餓の元凶は政府の無為無策
INDIA 中国の動きをにらみインドが海軍増強
U.S. Affairs
お騒がせ男が支持率トップ
ドローン攻撃任務で心身を壊す兵士続出
Business
偽サイトが急騰させたツイッターの株価
ギリシャを待つ3つのハードル
【FEATURES & ANALYSIS】
日韓関係 終わりなき世界遺産バトル
寄稿 なぜ世界遺産は政治問題にされたのか
欧州 バルト海に迫る新たな冷戦
アフガニスタン 米軍の武器がタリバンに流れる
インド SEXも暴力も牛も放送禁止
科学 新薬は「臓器チップ」で試験
【LIFE/STYLE】
Music 夏だ、ロックだ、シニアが熱い!
Health PTSDを解き明かす飛行機事故の記憶
Books スティーブン・キングの無謀で退屈な火遊び
Fashion ロケット科学をハイヒールに応用?
Theater 差別を乗り越えた黒人プリンシパル
Art 南軍の旗が歴史の傷痕をうずかせる
Education 欧州の大学に個性喪失の危機
Education MBAもオンライン化の波
Travel 空の「格安運賃」戦線に異状あり

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!