最新記事
K-POP

NewJeansはどうなる? 所属事務所代表を親会社が告発へ、今後の予想シナリオ ベストvsワースト

2024年4月25日(木)22時12分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
マイナビ 東京ガールズコレクション 2023に登場したときのNewJeans

マイナビ 東京ガールズコレクション 2023に登場したときのNewJeans Kazuki Oishi/Sipa USA via Reuters Connect

<ファンやNewJeansメンバーも巻き込み事態は長期化するおそれも>

昨年夏、ビルボードのアルバムチャートで『Get Up』が1位となり、またアルバム収録曲3曲がビルボードシングルチャートに同時にランクインするなど(K-POP以外の全ガールズグループとしても歴代4番目)、世界的な人気を獲得したK-POPガールズグループNewJeans。だが、今後の活躍が危うい状況になってしまった。

既報のように、所属事務所アドアに対して親会社ハイブが4月22日午前、特別監査を行うと同時にアドアの代表であり「NewJeansの母」として知られるミン・ヒジン代表に対して辞任を要求する事態が発生した。ミン・ヒジン代表らがハイブから独立する動きを見せたというのが理由だった。

【動画】NewJeansと一緒にバラエティ番組に出演したミン・ヒジン

ハイブは、ミン・ヒジン代表と副社長A氏らが経営権を奪取して独立するための計画を立てたという情報提供を受けて監査に着手し、アドア経営陣の業務エリアを訪れ業務用PCを押収したという。特にミン·ヒジン代表とA氏が投資家を誘致するために社外秘の人契約書などを流出し、ハイブが80%保有しているアドア株を売るように誘導する案を議論した。また、以前ハイブに所属していたA氏はハイブ内部の情報をアドアに渡したとされる。

これに対して、アドアとミン・ヒジン代表は22日夕方メディアを通じて声明を発表。3月にハイブ傘下のレーベル・ビリーフラボからデビューしたガールズグループILLIT(アイリット)がNewJeansをコピーしていると反発。

ミン代表は「ハイブのバン·シヒョク議長がILLITデビューアルバムのプロデューシングをした。ILLITのNewJeansコピーはビリーフラップというレーベル単独でしたことではなく、ハイブが関与したこと」と主張。「これを内部告発した私を解任しようとしている」と批判の声を強めた。

追い詰められたミン・ヒジン代表

アドアの発表、そしてミン・ヒジンの発言をよそに、一連の騒動について音楽業界などからはハイブ有利、さらにミン・ヒジンに対して否定的な声が多い。その理由としてアドアとミン・ヒジンの「経営権奪取を企んだことはない」という主張とは異なる証拠がハイブによる監査から出てきたためだ。

newsweekjp_20240425030200.jpg

ミン・ヒジン代表へ送られた経営権奪取計画とされるカカオトーク画面

監査対象者のうち1人は、調査過程で経営権奪取計画、外部投資家接触事実が盛り込まれた証拠を提出し、ハイブを攻撃する文書を作成した事実も認めた。

対面調査と提出された関連資料のカカオトークなどによると、ミン・ヒジン代表はアドア経営陣に、ハイブが保有しているオドアの持分を売却するよう、ハイブを圧迫する方法を用意するよう指示した。

この指示に従って、アーティストとの専属契約を中途解約する方法(編集部注・NewJeansメンバーはアドアではなくハイブと契約している)、ミン・ヒジン代表とハイブ間の契約を無効化する方法などが具体的に議論されたという。また「海外の投資資金を引っ張ってきてハイブと取り引きしよう」「ハイブがするすべてのことに対してクリティカルにアピールしなさい」「ハイブを苦しめる方法を考えなさい」という対話も交わされていた。さらには「5月世論戦準備」「アドアを空にして連れて行く」のような実行計画もあったという。

ハイブは監査対象者から「『究極的にハイブを抜け出す』という文言はミン・ヒジン代表が言った言葉を書き取ったもの」という陳述も確保した。

ハイブはこれらの資料を根拠にミン・ヒジン代表ら関係者に対して背任などの疑いで25日龍山警察署に告発状を提出した。

ミン・ヒジン代表が緊急会見

こうしたなか25日になって突如、ミン・ヒジン代表が緊急会見を開き、一連の問題についての反論とNewJeansに対する思いを吐露した。

2時間あまりにわたって行われた会見には、ミン・ヒジン代表を担当することになった世宗弁護士事務所の弁護士も同席。ミン代表は自分をめぐる経営権奪取および背任疑惑に対して、ときに激しい表現を使って反論した。「ハイブがこんなに私を攻撃するとは思わなかった。本質と違う私のカカオトークまで査察して殺そうとする。ある程度予想はしたが、こんなにひどいとは思わなかった」と嘆き、「ハイブと私が眺めるアングルは本当に違う。経営権奪取という問題で取り上げられることに実感がわかない。何事だろうかと思う。背任告発記事を見たが、私の立場では希代の寸劇だと思う」と話した。

一方で、現在のNewJeansメンバーの様子について質問がおよぶと感情が高ぶって声を詰まらせる場面もあった。
「NewJeansと私は皆さんが考える以上で、お互いにとても慰められる関係だ。ハニは『代表、とてもつらいですよね。今いらっしゃる所に行きましょうか』と言ってくれた。ヘリンはもともと口数が少ないが、昨日の夜中、急にビデオ通話をしてくれた。無口な子が一人で『メールを送りたかったけど言葉が出ない。声が聞きたくて電話した』と。子どもを育てるとはこういうものかと思った。ヘインは通話で20分間泣き続けた。私に『感謝していることが多くて、大変なのに助けてあげられないのが辛い』と言っていた。(ファンとのコミュニケーションアプリの)Phoningで生配信したいと言い出したが、それは私と彼女のお母さんとで止めさせた」と涙を流した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中